プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プージェー
2006年7月7日(金)、映画「プージェー」をポレポレ東中野に観に行った。
ポレポレ東中野での公開の最終日だった。

【プージェー】
上映時間: 110分
製作: 2006年 日本
URL: http://puujee.info/index.htm

探検家の関野吉晴氏と、モンゴルの少女プージェーとの心の交流を描いた
ドキュメンタリー。
本当に実話なのかと思われるくらい、ドラマチックな展開。

関野は旅の中でたくさんの子供に会ったが、心惹かれた
のは、自立心の強い、大人に媚びない子供だという。
プージェーの最初の登場で、牛が逃げるから、と叱られた
関野は、プージェーをかっこいいなぁー、といい、
自分の娘にもその姿を見せてやりたいと言う。

プージェーは遊牧民の一家の一人娘として、家族の中で放牧を自分の仕事を
していた。
プージェーのところを訪ねた関野は、遊牧民の苦しい生活を目の当たりにする。
プージェーは遊牧民になんかなってもなんにもいいことはないよ、という。
しかし、笑顔にあふれた家族たちからは、何も不幸せそうな様子は見えない。
大自然の厳しさと闘っている遊牧民は、すべてをありのままに受け入れると
いうことを知っているのだろうか。

おばあちゃんの笑顔が印象的。
子供には別の世代なのだから、その世代なりの別の道があるといい、
遊牧生活を強要するようなことは言わない。

お母さんも勉強して遊牧生活から離れた方が幸せになれる、という。
とても開けた考えのようにも感じるが、そうではなく、遊牧の生活
というのがとても厳しいということの裏返しなのだろう。

悲しい運命がふりかかるモンゴルの空の下。
あまりにも厳しい現実。
関野は、その中で尊厳をもって懸命に生きる一つの魂を見たのだと思う。
だから関野はプージェーにひかれたのだろう。

自由市場経済に移行して変容しつつあるモンゴルから、本当の遊牧民が
失われ、本当の遊牧民が犠牲になっている、というような社会的な見地から
みた意見をいうのはたやすい。
ただ、そういう簡単な言葉でまとめてしまっていいのだろうか?
そう言いたいがために関野と映画監督はこの映画を作ったのではないだろう。
本来、人間は大自然の中で生きるもの。
その自然と人間のかかわりを素直に感じ取ってほしいということのように思えた。

【上映館の情報】
ポレポレ東中野での上映は、7月7日まででしたが、
9月下旬から横浜と大阪で上映されるようですので、
ぜひ観に行ってください。
ほかにも自主上映会で上映されるようです。詳しくはオフィシャルページからどうぞ。


【同じ映画の記事へのリンク】
その日を摘め
http://hanamote.com/blog/archives/2006/06/post_92.html
結末の件については同感。
ただ、多くの人にとってはそうした予想外という感じがないとなかなか心に残らないもの。
そのことについて、深く考えてほしい、という意味においては
意外感に満ちた結末を見て心に深く刻んでほしいと思います。

(7/11追加)
夜長姫と耳男
http://blog.goo.ne.jp/seino9387/e/e2d014be4e2d48dfc29cd12d34f74b72
関野氏のトークショーについてもふれてます。


Read Moreの後には【グレートジャーニーについて】を書きました。

[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

永遠のハバナ
上映時間:84 分
製作: 2003年 キューバ・スペイン
URL: http://www.action-inc.co.jp/suitehabana/
DVD: (Amazon.com)

■2005/04/11の日記(月)
映画『永遠のハバナ』(渋谷ユーロスペース)を見た。

キューバに生きる人々の日常を淡々と描く。
撮り方はドラマ的なカメラ目線なのに、内容はドキュメンタリーという、変わった映画。

アメリカや日本の日常を描いたような生活と比べたら、明らかに貧しい生活を感じる。
でも悲壮感は一切ただよってこない。
人々の未来に向かう一途な思いを感じる。

オフィシャルサイトによると、アンコール上映するみたいですよ。
DVDになってないみたいなので、興味をもたれた方はぜひどうぞ。
なお、オフィシャルサイトの担当者さんによると、今年(2006年)中にはDVDを発売したい、と書かれています。
僕の記事だけだと、興味を持たないかもしれないので、関連記事も読んでみてください。


【関連記事へのリンク】

かたすみの映画小屋
http://santapapa.exblog.jp/2265108
秀逸な感想記事を書かれてます。内容は僕の記事を読むよりも参考になる。

作品メモランダム
http://d.hatena.ne.jp/yakumoizuru/20050507
キューバに暮らす人たちの姿をみて、キューバの現状への冷静な視線を感じる。

現代企画室編集長・太田昌国の発言のページ
http://www.jca.apc.org/gendai/20-21/2005/habana.html
映画の内容から飛躍して、キューバの政治的・社会的な側面に思いをはせる。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

LIVE FOREVER
上映時間: 82分
製作: 2002年 イギリス
URL: http://www.wisepolicy.com/liveforever/
DVD: LIVE FOREVER (Amazon.com)

Live Forever T-shirt
映画を観て買ったLIVE FOREVERのTシャツ

■2004/07/11の日記(日)
Live Foreverを見た。
湧きあがる熱い気持ちはよみがえったが、感動したわけではない。
むしろ現実の壁をしったことの失望。
ブリットポップにしても一時の狂乱だったのだ、というようにとれた。
パルプのジャーヴィスのいうことが最も的を得ている。

アメリカとの軋轢に苦しんでいた英国。
保守党政権下の自由のない生活にあえいでいた英国。
中産階級と労働者階級の軋轢に苦しんでいた英国。

結局はそういうものが一気に爆発した時だったんだ。
だが、結局はなにが残ったのか。
なにも残ってはおらず、勝者もない。
結局はどうにも動かしがたい現実という壁だけが残った。

現実を壊したいと願っている彼らも労働者であり、なんらかの方法で金をかせいで生きなければならない。
だから無制限な夢の時間は続かない。
いつかは夢から覚めて現実に戻らなければならない。
ただずっと夢と生きることを猶予される人間もいる。
例えばリアム。
だが彼も彼を守ってくれるものがなくなれば現実に向き合わざるをえない。
ほとんどの人間は夢に生きることもできず、かといって現実を有りのままに受け入ることもできずその間を彷徨い歩いている。
無理矢理ポジティブな考え方をさせられるがそれがほんとにいいことなのか。
別に無理矢理そう考えなくてもいいような気がしてきた。
成功していい生活をするために今という時間を消費しているのか。
そうではないはず。
でも何を求めているのかも分らないともいえる。
がそれが悪いとばかりもいえないだろう。

あの映画に出てたやさぐれたおっさんたちみたいに自分自身がなっているのに驚く。
結局は時間には打ち勝てない。 現実にも打ち勝てない。
それらとは戦って勝つみこみはない。
勝つことができるという幻想を一時的に抱くことができるに過ぎない。
今日はそれを思い知らされた。
同じ映画を見た若者たちは、そうしたことをすら分らないだろう。
でもそれが悪いわけではない。
自分だって10年前だったら分っていなかった。
デーモンアルバーンと同じようにこの10年を現実と格闘しながら過してきたから、彼の気持ちが分かるのだ。
でも最終的には過ぎさってみるまではその意味が分らないなんて人生とは残酷なものだ。
多分10年前の自分だったら前向きな言葉で締め括っている。
だが今の僕にはその言葉がない。

[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

サロメ
上映時間: 86分
製作: 2002年 スペイン
URL: http://www.herald.co.jp/official/salome/index.shtml
DVD: サロメ

■2004/03/27の日記(土)
映画『サロメ』を見た。
モダンバレエ?の『サロメ』が公演されるまでを描いたドキュメンタリーだが、途中からは、舞台の全編をカメラで捉えたものになっている。
主演のアイーダ・ゴメスの素晴らしい踊りを見ることができる。

【追記】
オスカー・ワイルドの「サロメ」をもとにした舞台。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

戦場のフォトグラファー
上映時間: 96分
製作: 2001年 スイス
URL: http://www.mediasuits.co.jp/senjo/
DVD: 戦場のフォトグラファー ジェームズ・ナクトウェイの世界 (Amazon.com)

■2003/09/24の日記(水)
ドキュメンタリー映画『戦場のフォトグラファー』を見た。
ジェームス・ナクトウェイというドイツ人の戦場カメラマン。
その報道の仕方はまるでキャパのよう。
彼は写真によって人々の苦しい生活を平和な場所にいる人達に伝えることで、戦争を無くしたいのだと言う。
彼はそのために危険な場所へ幾度となく足を運ぶ。
それが彼の人生の全てだと言わんばかりに。
自分が人生の最終的な目標とすることを思い起こされたような気がした。
最近の自分は、現状のままに流されることに慣れきってしまったようであるから。
もう一度思い出そう、自分のすべきと思う途を。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。