プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルリン、僕らの革命
上映時間: 126分
製作: 2004年 ドイツ・オーストラリア
URL:
DVD: ベルリン、僕らの革命 (Amazon.com)

■2005/09/07の日記(水)
映画『ベルリン、僕等の革命』(ギンレイシネマ)。

青春ドラマ。
グッバイ、レーニン!の人と同じ人だけど、グッバイ、レーニン!の方がずっとおもしろかったよ。
ちらちらと社会的な背景ものぞかせるけれど、最後はあれじゃあね。
はっきり言ってハズレ。がっかり。

【関連記事へのリンク】
[ グッバイ、レーニン! ] 本作の主演ダニエル・ブリュールが主演・監督しています

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ドリーマーズ
上映時間: 115分
製作: 2003年 イギリス・フランス・イタリア
URL: http://www.herald.co.jp/official/dreamers/
DVD: ドリーマーズ 特別版 ~R-18ヴァージョン~ (Amazon.com)

■2004/11/28の日記(日)
映画『ドリーマーズ』を見た ギンレイシネマ。

オフィシャルサイトを見ると、1968年の5月革命を背景にしているとかどうとか書いてあるが、特別関係はないように思われる。

双子の姉役のエヴァ・グリーンが超かわいい。
んー、いい。留学生役、うらやましいぞ。

★以下、ネタバレあり 読んでもいいかたのみ「続きを読む」をクリック★

[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ピンポン
上映時間: 114分
製作: 2002年 日本
URL: http://pingpong.asmik-ace.co.jp/
DVD: ピンポン ― 2枚組DTS特別版 (初回生産限定版) (Amazon.com)

■2004/09/02の日記(木)
ビデオにとっていた『ピンポン』を見た。
想像してた内容と全然ちがくて面白かった。
アクションが面白いってのもあるが、戦う者同士が心が通じあうってのがなんだかいい感じ。

[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

GOAL!
ワールドカップ開幕記念ということで、またもリアルタイムの映画感想です。

上映時間: 118分
製作: 2005年 アメリカ・イギリス
URL: GOAL!

映画『GOAL』を見た。(吉祥寺バウスシアター)
メキシコの貧困層出身の青年サンティアゴがプロサッカー選手になるまでを描く物語。

映画のコピーとかを見ると、感動とか書いてあるが、そこまででもない。うん、普通のサクセスストーリーとして見れる。
良作ではあるけど、傑作ではない。

ところで、なぜ、グレンはサンティアゴを遠くイギリスまで連れて行ったのか。
父はなぜあそこまでサンティアゴの夢を認めなかったのか。

グレンは一度は夢を実現したものの、夢を失った人間。
父はまだ夢を実現できないでいる人間として描かれている。

もしグレンにたまたま見出されなければ、サンティアゴは埋もれていたかもしれない。
グレンに見出されなければ、自分で夢をかなえるために、どこか外国に行ったのだろうか。
たしかに、夢はあきらめたら実現することはない。
しかし、人の夢というか、夢を共有する人間を助けることができる人間の存在があるから、人は夢を実現できる、ということではないだろうか?

では人間はなぜ、人に夢を託すのだろう?

グレンは自分にできなかったことをサンティアゴに託した。
おばあちゃんもサンティアゴが自分自身で選んだ夢を助けた。
父親も最後にはサンティアゴのことを認め、その夢を誇った。

おばあちゃんは、息子2人の夢はかなえようと思ったのよ、と言った。

夢をあきらめずに、その夢にだけ向かって邁進することができる人間は多くはない。
だから、人間はバトンを手渡すように、その人間に夢を託すのだろうか。

僕は、この映画のメッセージは、「夢の実現は、夢を共有するたくさんの人たちによって支えられている」 と受け取った。
夢は必ずかなう。自分だけでその夢を実現することはできないが、その夢を実現しようとする力(ある意味、「善意」とでも言えるもの)がこの宇宙には満ちている。その力が、本当に夢をかなえようとする人にだけ、手助けをしてくれる。
とそういうことだと思う。



映画もなかなかよかったが、音楽もよい。っていうか、僕がOASISのファンだから、ってのもある。
OASISは3曲提供しているが、Cast No ShadowとMorning Gloryは、僕が一番好きなアルバムの(What's the story) Morning Gloryから。後、1曲は新曲です。
(What's the story) Morning Glory聞いたことなかったら、ぜひとも買ってくれ!!



[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

少女の髪どめ
上映時間: 96分
製作: 2001年 イラン
URL: http://www.herald.co.jp/official/kamidome/
DVD: 少女の髪どめ (Amazon.com)

■2003/08/01の日記(金)
映画『少女の髪どめ』を見た。
イラン映画。
少年が思春期に思い描く気持ちを上手に切り取っていて、そうした頃の恋の気持ちを思い出させられた。
仕事を取られ、最初は憎んでいたのに、少女だったと分かるや、急に好きになる単純さ。
自分の気持ちを素直に言い出せないのに、彼女の周りの事柄には猛烈にチャージして、相手に少しでも近付こうとするその気持ち。
少女が去ると知った時のあの残酷な寂寥感。
それらを丁寧に描き出して、それでいて技巧的に見えない。
素晴らしい感性だと思う。
いや、そうした素朴を真に持ち合わせている演技者のおかげなのか。
ともかく日本人が無くしてしまった感性なのではないだろうか。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。