プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イーオン・フラックス
1/8、DVDで借りた「イーオン・フラックス」を観た。

【イーオン・フラックス】
上映時間: 93分
製作: 2005年 アメリカ
URL: http://www.aeonflux.jp/
DVD: イーオン・フラックス スタンダード・エディション (Amazon.com)

時は2415年。ウィルスによって人口500万人にまで減っていた人類は、外界と隔絶された都市ブレーニャで、飢えも戦争も病気もない生活を送っていた。
しかし、完璧すぎる社会の中で、政府は秘密を守るために強い圧政を強いていた。すべての人が監視される社会。
政府の虚偽を暴こうとする秘密結社モニカンの戦士であるイーオン・フラックスは、支配者トレパー暗殺の命を受け、中央府に忍び込む...、という話。

この映画、みどころはすべてシャーリーズ・セロンの美しさ、というただ一点に集中される。
彼女がとてもしなやかなので、男性的なアクションとはまったくちがった、優美なアクションを観ることができる。
しかし、見栄えがする、カタルシス的なものがないのが残念か。

美術的にも凝っているが、政府建物の内装が、30~40年くらい前のSF映画(スタートレックに代表されるような)のインテリアを現代的に焼きなおしたようにみえなくもないので、モダンなのかそうでないのか少々判断に困るところ。
とはいえ、庭園の桜がはらはらと舞い落ちるあたりなんかは、米映画にしてはなかなかの美的センスである。

ストーリー的なものは、よくある未来ものの管理社会を背景とするもので、とりたててすごい、というところはない。
なんか今さらながら、マトリックスを意識したようなつくりではある。
やっぱり、ストーリーは今ひとつと言わざるを得ないかな。
かといって、「ストーリーなんてどうでもいい!!」と言えるほど、他に突出したとこもないので、どこをほめるともできない。
CMとかでやっていた内容で、結構、未来的なギミックについては期待していたんだけど、結局、主演女優の美しさくらいしか映画のウリがない。
うーーん、残念。

ちなみに、シャーリーズ・セロンはもともと金髪なのだが、DVDのパッケージの黒髪を見慣れると、プレミア試写会の映像とかで出てくる、金髪の彼女にはかなり違和感を感じてしまう。
そのくらい黒髪が似合っている、というか美しい。
まあ、この映画は、そのためだけに観てもいいかも。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/99-5204d8d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。