プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキャナー・ダークリー
12/16、「スキャナー・ダークリー」を観た。(シネセゾン渋谷)

【スキャナー・ダークリー】
上映時間: 100分
製作: 2006年 アメリカ
URL: http://wwws.warnerbros.co.jp/ascannerdarkly/
DVD: (Amazon.com)

「オレを監視(スキャナー)しているオレがいる。」

物質D(サブスタンス・D)と呼ばれる麻薬が蔓延する近未来の世界。
覆面捜査官であるボブ・アークターは、物質Dの供給源を探す命令を受け、潜入のために自分自身も麻薬を服用していた。
覆面捜査官は、本人が特定されてその身を危険にさらさないようにするため、スクランブルスーツという服を着ているため、上司や同僚もお互いが誰であるか知らない。
そのために、彼は、自分自身を監視することになってしまう。
自分自身を監視するボブは、監視する自分と監視される自分に混乱をきたしてしまう...、という話。

前の記事でこの映画に関する不安を書いていたが、一応、観に行って見た。

「ウェイキング・ライフ」のリチャード・リンクレイター監督が再び、ロトスコープという手法で、実写を写し取ったアニメという不思議な世界をつくり出している。
話している内容が吹き出しになって絵で見える場面なんてのは、「ウェイキング・ライフ」とまるきし同じ。
麻薬でトリップしていて、友人が巨大なゴキブリに見えたり、とかいうのは、アニメならではの表現で、そういう意味ではこの手法をとったのは正解か。
アニメ一辺倒、と思いきや、街の風景だけ実写を合成したりしていて、その辺りはなんかヘン。

一応、10年以上前に、小説は読んでいるが、ほとんど内容は忘れていた。

はてさて、スクランブルスーツって設定自体は、小説読んだ時から覚えていたけど、こんな感じだったっけ?
もっと化けるって感じだったような気がしたが...。
とはいえ、背格好で多少、誰かは特定されちゃいそうだが。

結末は忘れていたので、あ、そうだったんだっけ、ということで少し新鮮に観れた。

が、ディックの小説を忠実に映画化しただけあって、映画としてはみどころがない作品に仕上がっている。
僕はディックの小説は好きだけど、それをそのまま映画化してもカタルシスのない映画になってしまう、と思っているので、今までいろいろなされてきたように、換骨奪胎するのはよいと思っている。
はっきりいって残念無念。
全編をロトスコープにする執念はありながらも、脚本には執念は発揮されなかったようだ。

「ウェイキング・ライフ」もあまり話しは面白くなかったが、映像は楽しめた。この映画もそういう見方しかできないかな。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/98-6b368478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。