プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティム・バートンのコープスブライド
12/02、WOWOWで録画しておいた「ティム・バートンのコープスブライド」を観た。

【ティム・バートンのコープスブライド】
上映時間: 77分
製作: 2005年 アメリカ
URL: http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/
DVD: ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (Amazon.com)

成り上がりの両親を持つ、心優しき青年ビクターは、まだ見たこともない没落貴族の娘ヴィクトリアと結婚することになっていた。
結婚に気の進まないビクターだったが、結婚式前日に初めて顔を合わせた二人は、互いに心惹かれるものを感じ、結婚も悪くない、と感じはじめていた。
しかし、結婚式のリハーサルで、うまくセリフが覚えられないビクターは、寂しい森の中で一人セリフを練習する。
初めてセリフを正しく言えたビクターだが、その時、地中から死体の花嫁(コープスブライド)が現れる。
永く土くれの中で求婚を待っていた死体の花嫁は、ビクターから求婚されたと思ったのだ。
ビクターは、死人の世界に連れ去られるが、どうにか地上に帰ろうと画策する。
一方、地上では、花婿のビクターが逃げ出したと思われ...、という話。

映画の正式タイトルに、「ティム・バートンの」って小さく付くんだね。なんで?
と思ったら、ティム・バートンが偶然出会ったロシア民謡から、「死体の花嫁」ってアイデアを得たからのようです。
そのように記者会見で話してます。
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4100.html

タイトルの「コープスブライド」は「死体の花嫁」って感じの意味。
かなり関係ない話ですが、「キルビル」の主人公の名前って知ってますか?
エンドロールを見ると、「The Bride」となっています。つまり「花嫁」って役名です。
「ティム・バートンのコープスブライド」でも、「Emily」じゃなくって「Corpse Bride」ってなっています。「花嫁」って感じの役名って案外よく使われるのだな、って思って。

さて、映画の内容を見ていくと、この映画はストップモーション・アニメーションという技法で作られているそうです。
要はコマ撮りってやつで、人形を少しずつ動かして撮る方法。
確かに、人形っぽい動きなんだけど、最初は、CGをわざと人形っぽい動きにしているのかと思ったよ。
そしたら、本当に人形で撮っているとはすごい...。恐れ入りました。
(多分、CGの方が全然楽でしょう。)
それにしても思うのは、人形で撮っている映画で、このレベルの緻密な動きのものは初めて見た。
これははっきり言って、今までのものとは断然レベルが違う力の入れ方です。
同じティム・バートンの、「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」は観てないのですが、同じレベルであればぜひとも観たいです。

あと、面白いのは、地上の世界と死者の世界の描き分け方。
地上の世界はモノトーンの暗い色合いの世界、死者の世界はカラフルで活気にあふれた世界として描かれています。
この辺の皮肉たっぷりっぽさはおもしろいところ。

最後はちょっともの悲しいような終わり方かな。
でも、花嫁の気高さは心を打つものがある。
人間(死体になっても)やっぱり誇りを持って生きなきゃね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/95-e4368d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。