プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨコハマメリー
11/12、「ヨコハマメリー」を観た。(ギンレイシネマホール)

【ヨコハマメリー】
上映時間: 92分
製作: 2005年 日本
URL: http://www.yokohamamary.com/yokohamamary.com/
DVD: (Amazon.com)

横浜は伊勢佐木町で、町の風景のようになっていた「ハマのメリーさん」と呼ばれる人物がいた。
メリーさんは、白塗りのメイクに貴族のようなドレスを着て毎日、伊勢佐木町に立っていた。
そのメリーさんが1995年の冬、突如として姿を消した。
この映画は、メリーさんを知る人たちに取材し、「メリーさん」とは一体誰だったのか、また「横浜」とはなんだったのかを浮き彫りにしようとした、足かけ5年にもわたるドキュメンタリーである。

様々な人びとの証言から、メリーさんがどのように横浜に現れ、どのような生活をしていたかが語られる。
しかし、それでも、彼女は謎の存在で、伝説というのにあいふさわしい存在だった。

そうした取材の中で、戦後まだ焼け野原から立ち上がろうとしていた横浜の様子や、米兵のために町中が英語で飾られた横浜の町が映し出され、まったく、今の横浜とはちがった場所だったことを思いしらされる。
シャンソン歌手の元次郎さんも、メリーさんがいなくなった1995年ごろから町が全く別のものになったという。
メリーさんは、戦後の横浜の町そのものであり、横浜から「戦後」が消えていくとともに、メリーさんも横浜から消えたのではないだろうか。

監督は、決して、「メリーさん」の映画を撮ろうとしたのではないという。「メリーさん」を通して「横浜の町」というものがどんな存在だったのかを撮りたかったのだという。
それはこれ以上ない、というくらいに成功していると思う。

そしてドキュメンタリーではあるが、本当に最後のクライマックスにはおどろかされる。
こんなサプライズを用意して待っているとは。
人間の一生というものについて、深く考えさせられる、感慨深い映画だった。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/88-6fe2baa8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ヨコハマメリー

2005年 日本 2006年4月公開 評価:★★★★ 監督:中村高寛 企画・制作 銀の森のゴブリン【2007/09/07 00:14】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。