プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国の本屋~恋火
8/27(日)、天国の本屋~恋火を観た。
先週忙しかったので、やっと更新。

【天国の本屋~恋火】

上映時間: 111分
製作: 2004年 日本
URL: http://movie.www.infoseek.co.jp/feature/tengokunohonya/index.html
DVD: 天国の本屋 ~恋火 (Amazon.com)

原作を読んで前から観たかった「天国の本屋~恋火」を観た。

原作は、「天国の本屋」とその続編として2作目「うつしいろのゆめ」、3作目「恋火」
が出ているが、僕は1作目の「天国の本屋」の方だけ読んだ。
映画は、3作目のエピソードをメインにしてあるらしく、ただ、本屋の店員のユイは、
1作目のエピソードそのままで、3作目メイン+1作目少々といった感じになっている
ようだ。(3作目をまだ読んでないのでわからないけど)

舞台となる本屋のイメージは1作目を読んだ感じでは普通の町の本屋みたいなイメージ
だったのだけど、想像とちょっとちがったのでどうかなと思った。

あと、観た感じは中途半端なイメージ。
1作目と3作目を無理矢理一緒の映画の中に入れなくてもよかったのでは。
しかも、あの終わりのまとめ方は何なのか。
原作どおりなのかもしれないけど、天国と現世で微妙に離れていたストーリーが最後に
ばっちり重なる、って感じをイメージしていたのに、最後だけ無理やりくっつけて
しまった感じ。
しかも、主人公は最初にあった問題が何も解決されないままで終わってしまうし、
散漫でご都合主義的なストーリー展開はどうにかしてほしいな。
脚本がなってないと見た。

ただ、竹内結子の魅力はよく出ていてよかったな。
現世の香夏子のパートは彼女本人の演技もよかったし、物語の部分なども全般によかった。
あのパートをうまく生かすような映画構成の方がよかったです。

全般には内容的にちょっと残念なところが目につきましたけど、花火がきれいだったり、
花火を打ち上げるために奔走する香夏子のパートがよかったりしたので、デート映画と
してはよかったんじゃないかな。

夏も終わりに観たので、観終わった後に、好きな人と観たかったなー、と思っちゃいました。
はぁ。

【関連記事へのリンク】

helloalive
http://www.helloalive.com/index.php?ID=247
映画と原作の両方について取り上げてらっしゃいます。北海道でのロケなのがよかったとも書いてらっしゃいます。

"やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!!
http://blog.livedoor.jp/bestbooks/archives/50543474.html
書評されている方のサイトで、1作目の「天国の本屋」を取り上げらっしゃいます。

ひろりの読書記録
http://hirorhythm.blog.shinobi.jp/Entry/99/
こちらも書評の方。2作目「うつしいろのゆめ」について書かれています。

お気楽モノの本棚
http://75757082.at.webry.info/200601/article_7.html
こちらは3作目「恋火」の書評。原作はなかなかよいみたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
TBありがとうございます
ひろりは映画をあまり観ないので、
『天国の本屋』も観ていないのですが、
原作は絵本好きには素敵な本だと思いました。
デート映画としては良い映画とのことなので
また機会があれば観てみたいと思います。
【2006/09/09 18:58】 URL | ひろり #HLrqDUJ6 [ 編集]

まずは本を読みます
ありがとうございました。
いつも映画を観るときに参考にさせていただいていますが、今度、まずは本を読んでみます。


【2006/09/10 23:15】 URL | west32 #- [ 編集]


>ひろりさん
どうもこんにちは。お越しいただいたありがとうございます。
僕は絵本好き、というわけではないですが、泣いた赤鬼とかは、
読んだ記憶ははっきりとはないのですが、どこかで聞き知っていたのか、
天国の本屋で出てきた時には、思い出してうるうるきてしまいました。
映画も機会があれば見てみてください。

>west32さん
こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
本の方は、軽く読めて、重苦しくないけど、なんだか心が洗われるような
作品なので、ぜひ読んでみてください。
【2006/09/12 00:26】 URL | 栄太(えいだ) #- [ 編集]

はじめまして
TB&コメント、ありがとうございました。
映画は観たことないのですよね・・・。
好みの問題だと思うけれど、個人的に原作は
特別、すっごく面白い!大好き!
という感じでは、ないんですけどね。
何故だか読んでしまう。手が伸びてしまう。
そんな不思議な魅力のあるシリーズですね~。
今度機会があったら、のんびりと映画も観てみたいと思います。
出来れば夏に、大好きな人と・・・ですね(笑)。
【2006/09/12 23:16】 URL | モカ #- [ 編集]


モカさん、こんにちは。
早速、2作目を読んだところですが、
すごくよかった、というわけではないけど、
なんだかほっとしたような気になります。
そういう意味では同じような感じ方をしましたけど、
1作目はすごくじんわりきました。
3作目も読んでみたいと思います。
機会があったら映画も観てみてください。
【2006/09/14 00:13】 URL | 栄太(えいだ) #- [ 編集]

良かったです
本、読みました
良かったです、ご紹介ありがとうございました
【2006/09/16 23:12】 URL | west32 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/75-62e8a9b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天国の本屋 : うつしいろのゆめ / 松久淳+田中渉

天国の本屋―うつしいろのゆめ松久淳+田中渉 著 ; 新潮社 出版 ; 2004.9****文学**日本文学****おすすめ読者年代 高校生以上 家族度数 ☆☆☆★★ 3 感動指数 ☆★★★★ 1 感涙指数 ☆☆★★★ 2 天国の本屋の続編。主人公のイズミは結婚詐欺師。 ひろりの読書記録【2006/09/09 18:59】

竹内 結子

竹内 結子(たけうち ゆうこ 、1980年4月1日 - )は、日本の女優です。本名:小川 結子(旧姓:竹内)。スターダストプロモーション所属。 気になる言葉【2006/10/24 20:34】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。