プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディスカバリーチャンネル「空母建造」
7/24、DVDで「空母建造」を鑑賞した。

【ディスカバリーチャンネル「空母建造」】
上映時間: 60分
製作: 2000年 アメリカ
URL: http://www.discovery-club.jp/military/14.html
DVD: ディスカバリーチャンネル 空母建造 (Amazon.com)

本屋で並んでいたDVD、どうしても観たくなって、つい、買ってみた。

鋼鉄の塊から空母を建造する──。
ニミッツ級最新鋭空母の出港までに完全密着!

ってなことらしい。

ミニッツ級空母である「ハリー・S・トルーマン」が進水するまでを追うドキュメンタリー。また、同型艦で建造がはじまったばかりの「ロナルド・レーガン」の建造の様子を追う。

このミニッツ級空母、とにかくとんでもない代物。
建造に必要な時間は延べ3000万時間、7年間を必要とする。乗員は6000人、艦載機80機。
さらに最大排水量は97000トンで、飛行甲板の面積は18000平方mを超える。なんと、フットボール場が3つ入るという。
とにかく、桁外れの巨大さに、驚きを超えて圧倒されてしまう。

まずは、溶鉱炉に鋼鉄を流し込んで、外板をつくるところからはじまる。ずいぶんプリミティブなところからいきますな。

それぞれの部品を作って、それを所定の位置に置き、空母の一部としていくという、ひたすら地味な作業を黙々と追い続けます。

カタパルトの発射実験でいろんなおもりを飛ばす実験をしたりと、いろいろとやったりしてます。

検査航海をはじめると、レーダーの具合やら、水道の蛇口から水がでるかなどありとあらゆる箇所を検査している。
こんだけどでかくて、しかも精密で複雑な1つの機械は、この地上には他にはないだろう。
これだけ巨大だと、コンピュータのプログラムのように、当然不具合が山のようにあるのだろうけど、いざ、戦闘となった時に役に立たなくなったらとんでもないことだ。
だから、防火扉が30秒で閉まるか、とか、エレベーターが一定時間内に移動するか、とか精密に検査する。

それらの検査をくぐりぬけて、就航にこぎつける空母。
大変な労力の結晶だなぁ、これは。
それにしても見て思ったのは、かなりの部分が人間の手作業で行われること。
こんな巨大なものを作るのに、現代になってもやっぱり人間がやらなきゃならないんだなぁ、と思った。

就役式でクリントン大統領が演説していたりして、少し時代を感じさせるが。1998年だしね。

スポンサーサイト

テーマ:DVD - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/59-0a38a663
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。