プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトル・ランナー
さっきまでサッカーのワールドカップ決勝を見てました。
イタリアが勝ちましたよ。でもなんだか爽やかな終わり方じゃなかったなぁ。ジダンのこととか。
それはさておき映画の完走。いや感想。

【リトル・ランナー】
上映時間: 98分
製作: 2004年 カナダ
URL: http://c.gyao.jp/movie/little-runner/index.html
DVD: (Amazon.com)

2006/06/25
映画『リトルランナー』を見た(ギンレイシネマ)。
原題は「Saint Ralph」(聖ラルフ)。

1953年のカナダの神学校。
14歳の少年ラルフは神学校で問題を起してばかり。そんな時、病気で寝たきりだった母が、昏睡状態に。
奇跡でも起こらないと目覚めることはないと言われたラルフは、奇跡を起こすために、ボストンマラソンで優勝しようと決意する。

話しの舞台が50年代の神学校で、やたらとカソリックの話ばかり出てくるので、そういうのを好まない人はダメだろうし、宗教的にNGな人もいるのかもしれない。(こういう系の話しは仕方ないところがあるが)。

ラルフが丘を走るところで流れた曲がembraceかと一瞬思ったが、わざわざパンフまで買って後で調べたのにちがった。

感動作、ということで紹介されることが多い作品だが、ストーリー的に納得できない箇所が多く、そういう面では僕にとっては素直に感動できない部分が多かった。
いろいろなところが気になる映画。

僕としては、無理にキリスト教とのつながりを描こうとしないで、病気の母を救うために奇跡を起こす、というストーリーに集中した方が、もうちょっとよかったと思うのだが。

とはいえ、走るシーンについては、監督がデトロイトマラソンでの優勝経験があってそれを生かしていて、トレーニングやら何やらは、きっちり描き込まれているのでよし。
最後の坂付近で失速しそうになった時に、神様の声に押されて、再び力強く走りはじめるあたりは、とてもいい。

本当に無心に走るということは人の心に訴えるものがあると思いましたよ。
いや、また走りたくなったよ。
夜も明けたし、走ってこようかな!


★ 以下、多少ネタバレ ★


ラルフは家が燃えた後、どうやって旅費を捻出したのか?
目が覚めない母親を目覚めさせるのに奇跡が必要だとラルフが信じるあたりの納得感が低い。
などなど、気になる場所多い。
無理やり、聖××の祝日、とかゆうのにストーリーをこじつけようとした結果か?

一番の納得できなかったのは、優勝できなかった後、全てのモチベーションになっていた母を目覚めさせるというのが叶わなかったのに、ほめられて笑ったり、何の問題もなかったかのように練習を始めたりして、ラルフの心情が何かおかしなことになっている。ここで、母の存在が宙ぶらりんになってしまっている。
その上、何の必然性もなく、母が目覚めてしまい、『奇跡』というのも、『なぜ?』というしかない。

もとは手段だったマラソンが、目的化したのが奇跡だから、ということだろうか。でもなんか納得できない。



【同じ映画の記事へのリンク】

クライマーズ・ハイ
http://runninng-moai.cocolog-nifty.com/mt/2006/03/post_096d.html
走って映画館まで行って汗だくって...。笑えます。

金言豆のブログ ・・・映画、本について
http://hary24.blog4.fc2.com/blog-entry-694.html
僕とは逆で、爽やかな気分にさせられたので、つっこみどころはたくさんあっても、気にならなかった、と書かれています。

mimiaエーガ日記
http://mimia.no-blog.jp/mimia/2006/05/post_ef8f.html
「お涙ちょうだいかと思いきや」と冷静に書き、登場人物たちに暖かい目を注いでいます。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

私も似たような感想を持ちました。あまり共感できないところが多かったです。なぜラルフがあそこまで奇跡にこだわるのか、など。宗教色が強すぎるのも、日本人には理解しづらいと思いました。
病気の母親のために息子が奔走する話なら、「グッバイ、レーニン!」のほうがいいですね。
【2006/07/10 16:44】 URL | YG #z8Ev11P6 [ 編集]

こんにちは~
TBありがとうございました。
原題もchapterも宗教色ありますが、私は校長(神父)=キリスト教原理主義は否定しているように感じました。何より友だち、コーチ、病院の人たち、町の人たちの優しさが好きですね。
何の必然性もないから「奇跡」なのではないかと。それこそマラソンに勝って母が目を覚ましたら、私引いていたかもしれません。(笑)
ウェットな話なのにこのドライ感、カナダ人のメンタリティーでしょうか。イギリス映画だったら絶対泣いてます。そういえば韓国映画『マラソン』は泣きましたねぇ!
【2006/07/10 18:27】 URL | mimia #VKf4z9NY [ 編集]


YGさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
確かに宗教色が強い、というか、宗教(キリスト教)の知識がないと、楽しめない部分もあると思います。
ちなみにバラしてしまうと、パンフの監督談話で、14歳の少年にボストンマラソンで優勝を目指させるためには、奇跡という理由づけが必要だった、と書かれてます。そういうプロットの構成なので、多少ストーリーの整合性に難があってもしかたないかと。
僕も「グッバイ、レーニン!」はとても好きですね。でもお母さんを思う気持ちは同じ。なんだかほほえましい。 というか、グッバイ...の方が主人公が青年なので、よけいにほほえましいと思えたのは僕だけ?
--
mimiaさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
最初は主人公をばかにする周囲の人たちの目がだんだんと優しくなっていくところが素敵ですね。最後にはクラスメイトも応援しだしたりして。
結局は校長も応援しちゃったりして、みんなが実は根がやさしいというのは、なんだか土地柄というのでしょうか、そうしたほんわか感はすてきです。
話の構成がルーズなのも、根がやさしそうなカナダ人のなせる業なのかも。
あれで勝っちゃったら、できすぎてて、誰も感動しなかったかもしれませんね。
僕も「マラソン」はすごくいいと思いました。おすすめのベスト1にあげてます。
お暇があったら、「マラソン」の感想も読んでみてください。
http://eidas.blog69.fc2.com/blog-entry-43.html
【2006/07/11 00:42】 URL | 栄太(えいだ) #- [ 編集]

はじめまして
栄太さん、TBにコメントありがとうございます。

たしかに、無理のある場面も多々見受けられましたね。
それにしても、フルマラソンを映画の題材とするところからして、相当に難儀なことだと思います。

ところで、栄太さんは市民レースなどに参加なさったりはしていませんか?
【2006/07/11 09:18】 URL | moai #SjCbxc0U [ 編集]


moaiさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
マラソンを走ることになった動機・心情を映すことになるんでしょうかね、この映画みたいに。

それと、韓国映画の「マラソン」はご覧になりましたか? 僕のおすすめの映画です。
感想も書いてますので、よろしかったら見てやってください。
http://eidas.blog69.fc2.com/blog-entry-43.html

去年はホノルルマラソンに初めて参加しました。 ↑の記事の中でも少しふれてます。
今年度は東京マラソンを走りたいと思ってます。抽選に当たれば、ですが。
moaiさんもランニングを楽しんでいるようでいいですね! 僕もがんばります!
【2006/07/12 01:30】 URL | 栄太(えいだ) #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/49-f0c47f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『リトル・ランナー』

★★★★原題:『SAINT RALPH』「奇跡が起きない限り目覚めない」昏睡状 mimiaエーガ日記【2006/07/10 18:28】

リトル・ランナー@我流映画評論

今回紹介する作品は、2004年公開のカナダ映画『リトル・ランナー』です。まずは先にストーリーから・・・舞台は1953年のカナダ。カソリックスクールに通う14歳のラルフの難病の母が昏睡状態に陥ってしまう。奇跡でも起きない限り、母は目覚めないと言われた彼は、その奇跡を ジフルブログは映画・音楽・札幌グルメを紹介|GFL BLOG【2007/09/21 01:42】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。