プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LIVE FOREVER
上映時間: 82分
製作: 2002年 イギリス
URL: http://www.wisepolicy.com/liveforever/
DVD: LIVE FOREVER (Amazon.com)

Live Forever T-shirt
映画を観て買ったLIVE FOREVERのTシャツ

■2004/07/11の日記(日)
Live Foreverを見た。
湧きあがる熱い気持ちはよみがえったが、感動したわけではない。
むしろ現実の壁をしったことの失望。
ブリットポップにしても一時の狂乱だったのだ、というようにとれた。
パルプのジャーヴィスのいうことが最も的を得ている。

アメリカとの軋轢に苦しんでいた英国。
保守党政権下の自由のない生活にあえいでいた英国。
中産階級と労働者階級の軋轢に苦しんでいた英国。

結局はそういうものが一気に爆発した時だったんだ。
だが、結局はなにが残ったのか。
なにも残ってはおらず、勝者もない。
結局はどうにも動かしがたい現実という壁だけが残った。

現実を壊したいと願っている彼らも労働者であり、なんらかの方法で金をかせいで生きなければならない。
だから無制限な夢の時間は続かない。
いつかは夢から覚めて現実に戻らなければならない。
ただずっと夢と生きることを猶予される人間もいる。
例えばリアム。
だが彼も彼を守ってくれるものがなくなれば現実に向き合わざるをえない。
ほとんどの人間は夢に生きることもできず、かといって現実を有りのままに受け入ることもできずその間を彷徨い歩いている。
無理矢理ポジティブな考え方をさせられるがそれがほんとにいいことなのか。
別に無理矢理そう考えなくてもいいような気がしてきた。
成功していい生活をするために今という時間を消費しているのか。
そうではないはず。
でも何を求めているのかも分らないともいえる。
がそれが悪いとばかりもいえないだろう。

あの映画に出てたやさぐれたおっさんたちみたいに自分自身がなっているのに驚く。
結局は時間には打ち勝てない。 現実にも打ち勝てない。
それらとは戦って勝つみこみはない。
勝つことができるという幻想を一時的に抱くことができるに過ぎない。
今日はそれを思い知らされた。
同じ映画を見た若者たちは、そうしたことをすら分らないだろう。
でもそれが悪いわけではない。
自分だって10年前だったら分っていなかった。
デーモンアルバーンと同じようにこの10年を現実と格闘しながら過してきたから、彼の気持ちが分かるのだ。
でも最終的には過ぎさってみるまではその意味が分らないなんて人生とは残酷なものだ。
多分10年前の自分だったら前向きな言葉で締め括っている。
だが今の僕にはその言葉がない。

【追記】
観た直後に書いた日記だったので、やたらアンダーな感じだが、実際はそこまででもない。
でも確かに観終わると、祭りの後の寂しさみたいなものを感じさせられるのは事実。

ちなみに映画の内容としては、リアルタイムにその時代を知っていると、大して目新しいことはないので、キャッチコピーを見て、実は何か真相が?とか思ってみると少しがっかりするかも。
この映画の真価は、知られざる事実を明らかにする、とかではなくて、その当事者たちがその事実を認めて、本人の口から語っていること。
後は、そのころを思い出して、「あの頃はよかったな~」的な懐メロ的懐古をするのが吉。

【追記2】
関連記事のあるブログへのリンク

http://www.greenplastic.net/
LIVE FOREVERを見てきました
ブリットポップというくくりで言うと、RADIOHEADを取り上げてほしかった、という方が多いですね。一応ですけど、サントラ(青)の方の最後にはRADIOHEADの HIGH AND DRY (一番好きな曲!)が入ってます。

http://plaza.rakuten.co.jp/okumokum/
ビルとテッドの精神遊戯よ永遠に生きよ
中段ほどにLIVE FOREVERの記事があります。

後、映画とは直接の関係はないですが...、
http://whatever.cocolog-nifty.com/whatever/
SUMMER SONIC '05 東京2日目 Vol.3
SUMMER SONICでOASIS見た時のこと書かれてますね。OASIS好きなのはブログのタイトルから見てもわかりますが、浦和レッズファンなのも同じ。なので、なんとなくリンク。

【追記3】
映画のサントラ(というかコンピ?)が出ているが、大人の事情等々により、ソニーミュージック(青)と東芝EMI(赤)が出ている。
僕は青を買った。


しかし、ひそかに、輸入版のコンピの方が、お得な上、選曲がいいと思うのは僕だけではあるまい...。


【追記4】
Live ForeverのPV
Oasis - Live Forever (UK)

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/18-a8b31c3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。