プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラエボの花
2008/01/03、「サラエボの花」を観た(神保町岩波ホール)。

【サラエボの花】
上映時間: 95分
製作: 2006年 ボスニア・ヘルツェゴビナ
URL: http://www.saraebono-hana.com/
DVD: (Amazon.com)

ボスニア紛争のさなか父親を失ったと母親から聞かされていたサラは、
「自分の父親はシャヒード(殉教者)だ」と友人たちに言っていた。
父親が同じシャヒードだという少年と仲良くなり、修学旅行の日を楽しみに
していたサラだが、母のエスマはお金が思うにまかせず、困り果てている。
サラは先生から、父がシャヒードならば割引があると聞くが、
エスマはそのための証明書を一向に出そうとしない。
サラはなぜなのかとエスマに迫るが...、という話。

ボスニア紛争で夫を失ったり、戦争で深く悲しい思いをした女性たちが
たくさんいる、という現実がストーリーのベースになっている。
サラエボの花とは、そうした女性たちをあらわすタイトルだ。
社会問題を多く扱う岩波ホールらしい映画だ。年配の女性がたくさんいましたよ。
映画の焦点は女性たちなのだが、戦争が終わっても、男たちは、憎しみあう
ことをやめていない、という現実が描かれていることが悲しい。

戦争が終わってもそう簡単に悲しみが消え去ることはない。
人は時間がそうした悲しみを洗い流すのを待つしかないのだろうか。
この映画では、悲しみを積極的に忘れるために、女性たちが集まって
自分たちの悲しい経験を吐露しあう。
悲しい思いをするのは常に女性であるのに、明日への希望を持って
物事に向かいあう彼女たちの姿は力強い。
力強く現実と向き合う女たちと、過去の呪縛に囚われ続ける男たちは
対極にいる。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/111-6b272d21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。