プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界最速のインディアン
2/17、「世界最速のインディアン」を観た。(テアトルタイムズスクエア、新宿)

【世界最速のインディアン】
上映時間: 127分
製作: 2005年 ニュージーランド/アメリカ
URL: http://www.sonypictures.jp/movies/theworldsfastestindian/index.html
DVD: 世界最速のインディアン スタンダード・エディション (Amazon.com)

ニュージーランドで年金生活を送っていたバート・マンローは、大昔に買ったバイクを、自力で数十年もの間、チューンナップし続けていた。
彼の夢は、アメリカに渡り、ボンヌヴィルでのスピードレースで、自分がいじり続けてきたバイクの最高時速を知りたい、ということだった。
ついに夢の実現に手を伸ばし、渡米した彼に様々な障害がふりかかりながらも、どうにかボンヌヴィルにたどり着くのだが...、という話。

ちょうど、年末年始にかけて、たまに流れるテレビコマーシャルでおすぎが「とっても美しい映画です、観てください」とか、あまりやる気なさそうな声で言っていたような気がする。

で、タイトルを聞くと、「世界最速のインディアン」って、何よ?
まずそう思う。
ネイティブアメリカンの少年が、オリンピックをめざす話かな~、とか思った。

カンタンにバラしてしまうと、「インディアン」ってのは、戦前にあった、アメリカのバイクメーカー。
そのメーカーのバイクを「インディアン」って言ってるわけだね。

ちなみに、主人公のバート・マンローは実在の人物で、1978年に没したが、いまだに、1000cc以下の流線型バイク世界最速記録保持者だという。
伝記もあるみたいだが、この映画を観ると、とてもエネルギッシュでしかも魅力的な人物だったようだ。
主人公はアンソニー・ポプキンズが演じているが、非常に魅力的な人物を演じることに成功している。
なんといっても感嘆するのが、その行動力。どんな時にもあきらめない、そして危険にしりごみしない。
その圧倒的な行動力で、次々と現れる障害をはねのけていく。
そして、行動力があると言っても、ただの藪から棒の爺さんではなく、実直で誠実なところももちあわせている。
行動力があるといっても、ずるがしこいところが一切なく、素直に物事の正面からぶちあたるところが、人々の共感を呼び、彼を助けたくなってしまうのだろう。

常に一生懸命に取り組む彼の言葉は、含蓄がある。
特にいい言葉。
「こういうマシンでスピードに挑むときは、5分が一生に勝る」

年をとったら、こんな爺さんになりたいものだと思う。

映画としてはなかなかいい感じにまとまっていて、誰にもおすすめできる。
特に、何かからちょっと元気をもらいたい人におすすめの映画。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://eidas.blog69.fc2.com/tb.php/106-0d5039d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。