プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

09 | 2006/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産「モスタル旧市街の古橋地区」
(10/27 「民族問題に対する私見」を追記)
(10/21 「ユーゴスラビアの歴史についての要約」を追記)

10/8、TBSで放送の「世界遺産」を観た。

【TBS「世界遺産」 第515回 モスタル旧市街の古橋地区】
TBS・2006年10月8日放送
モスタル旧市街の古橋地区(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
戦火からよみがえった悲劇の橋…ボスニア
URL: http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20061008/slide.html

モスタル1


この回の放送は、非常に印象深い内容でした。

「旧ユーゴスラビア。6つの民族、4つの言語、3つの宗教を持っていた国は、1990年代はじめ、いくつもの内戦を経て解体しました。
激戦の地モスタルは、かつて、美しい橋で知られる平和な街でした。
しかし、ボスニア内戦のさなか、その橋は無残にも壊されたのです。」(番組ナレーションから)


非常に複雑な歴史的経緯を持ち、紛争が繰り返された旧ユーゴスラビア地域。
(歴史的経緯については、Read More以降の「旧ユーゴスラビアについて」を参照してください)
その地域の中心に位置する現在のボスニア・ヘルツェゴビナ。
そのボスニア・ヘルツェゴビナで、民族融和の象徴である橋が2005年に世界遺産として登録されたのです。

僕がボスニア紛争について特によく知るようになったのは、映画「ノーマンズ・ランド」を観てからです。
それ以前はなんだか、恐ろしいことが行われているな、という程度の認識でしかなかったですが、それ以降、この地域の政治的推移について、とても気になるようになりました。

ボスニア内戦で深い傷を負ったこの国では誰もが戦争経験者であり、その誰もが「自分の家族を殺した人を知っている」という。
あまりにも身近で殺し合いが行われたのだ。

その紛争の中でイスラムとカトリックの地域をつないでいた橋が破壊されます。
モスタル3


カトリック教徒とイスラム教徒
モスタル4

モスタル5


戦争で傷を負ったケマルさんが次のように話します。
「あの戦争は、政治が市民を憎しみあうように仕向けたのだ。」

復興された後の橋
モスタル6

橋からダイビングする人
モスタル7


そして、番組の終盤近くの次の言葉が特に印象に残りました。

「2005年、よみがえった橋と旧市街は、世界遺産に登録されました。
なぜ平和は、時にいともたやすく失われてしまうのか、僕たちにそう、問い続けるために。」

番組の最後はそのように明るい未来を感じさせる印象で終わっています。
しかし、あまりにも「めでたしめでたし」という終わり方になっていて、何か影の部分を見ないようにしているようで心配されます。
今後にずっとそのような希望が持てるのか、それはわかりません。
影となっている部分に目をつむらないようにしなければならないでしょう。

【関連記事へのリンク】

クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会
http://blog.cro-bih.org/?day=20061008


Read More以降には、「ユーゴスラビアの歴史についての要約」を書きました。

[READ MORE...]
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。