プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

07 | 2006/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランスアメリカ
8月6日、シネスイッチ銀座で「トランスアメリカ」を観た。

【トランスアメリカ】
上映時間: 103分
製作: 2005年 アメリカ
URL: http://www.transamerica-movie.jp/index.html

性同一性障害を持ち、かつては「スタンリー」だったブリーは、性転換手術を翌週に控え、
身体的にも本当の女性になろうとしていた。
しかし、そんなブリーに、トビーと名乗る少年から電話がかかる。
なんとトビーは、ブリーが「スタンリー」だった頃にたった一度おかした過ちでできた
ブリーの息子だった。
トビーを留置所から引き取ったブリーは、自分が父親であることを隠したまま、トビーを
伴って、ニューヨークからロスアンゼルスまでの旅をすることになる...。
という話し。

なんか、筑紫哲也がテレビ番組でこの映画をほめていたので、ちょっと疑ってかかっていた
が、観てみてとてもよかった。
筑紫哲也が映画を語ると、「トランスアメリカという題名は、アメリカを横断するトランス
と、男性が女性に変わるトランスをかけているんだ」とかやたら説明じみた口調で解説して
いたが、映画本編はそういう筑紫哲也っぽい辛気臭さは一切なし。
はっきり言って、観終わるまでは、最後までもやっとする映画なのではないかな、と思って
いたが、そんなことはなく、むしろ、すかっとした。案外、爽やかだ。

話の基本は、アメリカ映画お得意のロードムービーで、その土台の上に、ブリーとトビーの
2人の心の交流がかぶってくる。ブリーが父親であることを隠している、というだけでも
十分に複雑な事情なのに、さらにはブリーは手術を受けて女性になろうとしており、トビー
はトビーで育った環境に訳ありな事情を持つ。

こういうところだけ取り出すと、あまりにも重苦しい映画になりそうなのに、まったくそう
なっていない、というところに驚き。
普通にコメディー映画と言っても通ってしまうかもしれない。

一見、重そうなテーマを題材にしたこの映画、マイノリティー側から世界が語られるが、
このような映画が受け入れられるアメリカでは、すでに性の多様性が少なかれ認められて
いるということだろうか。
むしろ、そういうマイノリティーの世界をのぞきみるような視点ではなくて、マイノリティー
が求める「普通の幸せ」を見つけるまでの物語が語られる。
本当にアメリカは懐の広い国だ。
この映画でのマイノリティーは、性的なものを指すが、そういう方面でなくとも、普段は
自分は虐げられている、と感じる人々に、勇気を与える作品だと思う。

この映画の言っていることは、「自分に素直になれ」ってことだと思った。
とても素敵な映画でした。

エンドロールに流れる主題歌もグッド。

Read More以降に、「同じ映画の関連記事」を書きました。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。