プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレードランナー
(7/15 感想部分を追加しました)
気がついたらエントリーが50を超え、カウンターも1000ヒットを回りました。
ブログをはじめて1ヶ月したら、自分の好きな映画の紹介をしようと思っていたのだけど、今日(7月13日)はちょうど、ハリソン・フォードの誕生日。
運命的なものを感じつつ、『ブレードランナー』の感想を書いてみたいと思います。

【ブレードランナー】
上映時間: 116分
製作: 1982年(オリジナル) アメリカ
URL:
DVD: ディレクターズカット ブレードランナー 最終版 (Amazon.com)

ブレードランナーDVDパッケージ
(DVDのパッケージ 昔の映画の看板のようにバタ臭い絵柄)

酸性雨降りしきる2019年のロスアンゼルス。レプリカントと呼ばれる人間と区別のつかない有機アンドロイドが、開拓地である火星から逃亡し、地球にやってきていた。
レプリカント専門の刑事『ブレードランナー』であるデッカードに出動の要請がかかる。
捜査に乗り出したデッカードは、レプリカントを追う中で、人間という存在の不確かさに気付いて行く...。

というストーリー。
ついでに珍しくキャストなど書いてみる。
 ・ハリソン・フォード = リック・デッカード
 ・ルドガー・ハウアー = ロイ・バティ
 ・ショーン・ヤング = レイチェル
などなど。
ハリソン・フォードが出ているのも注目だが、やはりこの映画では、ルドガー・ハウアーの怪演が光る。

監督は「エイリアン」のリドリー・スコット。
さらにアートデザインは工業デザイナーで有名なシド・ミードが担当、
音楽は「炎のランナー」などで有名なヴァンゲリスが担当し、
当時としても一流のスタッフが揃っている。

それはさておき、感想(というか思い出?)を...。

【ここからやっと感想ですよ】
僕が最初にブレードランナーを見たのは、テレビでした。
僕が好きな映画としてあげている3つの映画はすべて、同じくらいの時期に
テレビでよく放送されていて、それが印象に残って、今でも好きでいます。

最初に見た時は、何がなにやらわからなかった。
しかし、その後、フィリップ・K・ディックを読むようになり、
「ブレードランナー」はディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」を
映画化したものだったと知りました。(遅い)
それでますます興味を持つようになりました。

ブレードランナーといえば、まず、独特の暗めな映像が特徴的。
昭和的な明るい未来観でなく、酸性雨とネオンに彩られた暗く退廃的な未来観。
実際、原作では、核戦争後の世界という設定になっている。

はじめてこの映画を観た時は、スピナー(空飛ぶ自動車)がすごくかっこよく見えた。
このくらいの年代の映画は、CGは使われておらず、ほぼすべて特撮によるが、
今見てもまったく古臭い映像には見えない。すばらしいな。

そんな、ある意味、幻想的ともいえる世界の中でレプリカントを追いかけるデッカード。
デッカードは主人公なのにも関わらず、活躍らしい活躍はしない。
この辺り、原作のフィリップ・K・ディックの主人公らしいところ。

【なぜ人間は感動したりするのだろうか】
レプリカントには共感能力がない、という。
原作の作者フィリップ・K・ディックは、感情移入・共感できるということが
人間であることのあかしだと、と各著作の中で繰り返し述べている。

(半ばそういう感情がぶっこわれてしまっているような、今日21世紀の世界では、
皮肉ともとれる言葉になるかもしれない)

レプリカントは外見ではまったく人間とちがいがわからないので、VKテストという
共感反応を見るテストでレプリカントかどうかを判定する。
このVKテストのシーンは作中で何度か出てくるが、相手の感情を刺激するような
ことを話して、相手の瞳孔の開き具合を見たりして、人間の感情を持っているかを
判定するのだ。

しかし、よくよく考えてみると、なぜ、人は泣いたり悲しんだりするのだろうか。
それよりも不思議なことは、映画や本を見たりして、我が身のことでないのに、
なぜ泣いたりするのだろうか。

先にことわっておくが、映画を観て泣いたりすることを批判しているわけじゃない。
純粋になぜそうした感情が起こりうるのかという人間の本質、不思議に興味をもって
いるのである。
自分でも、よく映画を観て泣いたりするので、どうしてフィクションとわかっている
のに感動するのか、ということを自分の感情に照らしてみてもわからないので、
不思議に思っていた。

よく、泣ける映画、とかいうが、あきらかなつくり話であっても人は泣いたりする。
実話でこの世に存在する人ならばまだしも、フィクションで、この世に存在しない
人のために涙を流したりする。

自分の心情などが近いことに反応し、確かにそういうことがあった、とか、確かに
そうかもしれない、ということに同感を覚え、感動する。
これが感情移入・共感ということだが、この世に存在しない人に感情移入できるという
ことは、自分の心の中に存在するものであれば感情移入できるということだ。
つまり、悲しむという感情は、自分の心の中だけで起こっているできごとといえる。

では、自分が経験したことがないことや、自分が置かれた身の周りの状況などと
あまりにもかけ離れたことの場合には、共感できないはずだ。

でも、そうした場合でも人は共感する。
それは想像力があるからだ。
自分がそういう立場だったら、と自分に置き換えて想像し、完全ではないまでも
その相手の状況を追体験する。
そういうことができるのは、人間だけだ、と原作者のディックは言う。

ニュースの中で、今日も紛争やテロや犯罪のために流される血を見て、何も感じなく
なってきているとすれば、僕達は、自分たち自身の想像力をわざと抑制して、
アンドロイドのようになりつつある、ということなのかもしれない。
2006年の今に生きる僕は、そう感じざるをえない。



【まだこの映画を観てない方への助言】

この映画は公開された時からカルト人気があって、インターネットで探すと、
様々なマニアックなサイトが見つかるけど、まだこの映画を観たことがないなら、
そうしたサイトは非常に細かいところをほじくりだして調べていることが多く、
先入観を植え付けるだけなので、まだ見ない方がいい。

一度観てから、内容について気になってから調べても遅くない。


Read More以降には【原作との比較など】(* 一部ネタバレ *)を書きました。
 
[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。