プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミリオンズ
12/09、WOWOWで録画しておいた「ミリオンズ」を観た。

【ミリオンズ】
上映時間: 98分
製作: 2004年 イギリス/アメリカ
URL: http://millions-movie.net/
DVD: ミリオンズ スペシャル・エディション (Amazon.com)

ポンドからユーロに切り替わろうとしていた、クリスマス近いイギリスのある地方。
母をなくしたばかりの10歳のアンソニーと8歳のダミアンの兄弟は、父と一緒に振興住宅街に引越ししてきた。
聖人に詳しいダミアンは夢みがちで、秘密の隠れ家を作っていたが、そこに大量のポンド紙幣が落ちてきた。
しかし、あと12日間でポンド紙幣は、ユーロ紙幣にしない限り紙くずに変わってしまう。
現実主義者のアンソニーはお金を使いまくったり、投資のために家を買おう、などという。
一方、奇跡を信じるダミアンは、貧しい人たちに寄付しようという。
だが、もとはその大金を強奪した犯人の影が彼らに近づきつつあった...、という話。


話の背景は、イギリスもユーロに参加し、ポンドがユーロに変わる、という時だけど、2006年12月現在、イギリスの通貨はポンドです。
将来的にはユーロに変わるかもしんないけど、まだ数年は変わらなそう。
なので、多少は現実っぽい話の背景も、今現在はやっぱりファンタジー。

ダミアンがしばしば聖人についての幻を見るのと、話がクリスマスシーズンを舞台にしていることもあって、非常に宗教色が強く感じられる。
主人公のダミアンが奇跡を信じている辺りとか、ちょっと「リトル・ランナー」に似ているかな?
(リトル・ランナーの感想はこちら)

ダミアンが聖人の幻を見るのにも、それなり意味があるのだが...。

ダミアンはこんなに純粋で天真爛漫なので、単に貧しい人に寄付をするのはいいことだ、で終わってしまいそうに見える(最初の方だけ観ると)。
だが、この映画の結論はちがうようだ。
この映画は、単純なファンタジーであるようで、なかなか深い、お金にまつわる問題をメッセージとして織り込んである。

ダミアンにいろいろと話しかける聖人たちはどことなく人間くさくて、ダミアンをどちらかというと、もっと人間らしい感情の方へ引き戻そうとする。
現実世界の人たちも、いい人たちなのに、どこか人間くさい。

貧しい人に寄付をすればいいのか、というとそうでもない。
お金のないモルモン教徒たちに、お金を与えたら、TVやら電子レンジやらフットバスやらを買ってしまう。要はぜいたく品を買ってしまったのだ。
街でお金に困っていると思しき人たち(ホームレスが売る用の雑誌を売っている)にピザをおごってあげるが、食べ物を買うお金はないが、バスやら電車で来たといい、本当にお金に困っているやら。
そして、人の迷惑をかえりみず、自分たちの都合だけをいって、寄付を募る人たち。
何かお金で解決されたろうか。
いや。
この世の様々な問題は、お金がなくては解決できないものも確かに多いが、お金 *だけ* では決して解決できないのだ。

人間の欲深さや自分勝手さ、人間はどうしたってお金がなければ生きていけない、という事実は見据えつつ、「だが、単にお金があるだけではどうにもならないことがある」という真摯なメッセージが織り込まれた映画だと僕は感じた。


そして、お金について以外のもう一つの話の軸は、ダミアンが思い続けるお母さんのこと。

リトル・ランナーとはちがって、この映画の終わり方は泣けたなー。こっちの方がおすすめできる。
ダミアンのお母さんを思う気持ち、そして、最後にはお母さんから卒業するダミアン。
こういう感じの映画だとは思わなかった(コメディーだと思ってた)ので、不意を突かれて、ちょっと涙ぐまされたよ。

ほんと、思った以上にいい映画なので、ぜひとも観てほしい。

なんだか、最近、涙もろくて困るな...。

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ティム・バートンのコープスブライド
12/02、WOWOWで録画しておいた「ティム・バートンのコープスブライド」を観た。

【ティム・バートンのコープスブライド】
上映時間: 77分
製作: 2005年 アメリカ
URL: http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/
DVD: ティム・バートンのコープスブライド 特別版 (Amazon.com)

成り上がりの両親を持つ、心優しき青年ビクターは、まだ見たこともない没落貴族の娘ヴィクトリアと結婚することになっていた。
結婚に気の進まないビクターだったが、結婚式前日に初めて顔を合わせた二人は、互いに心惹かれるものを感じ、結婚も悪くない、と感じはじめていた。
しかし、結婚式のリハーサルで、うまくセリフが覚えられないビクターは、寂しい森の中で一人セリフを練習する。
初めてセリフを正しく言えたビクターだが、その時、地中から死体の花嫁(コープスブライド)が現れる。
永く土くれの中で求婚を待っていた死体の花嫁は、ビクターから求婚されたと思ったのだ。
ビクターは、死人の世界に連れ去られるが、どうにか地上に帰ろうと画策する。
一方、地上では、花婿のビクターが逃げ出したと思われ...、という話。

映画の正式タイトルに、「ティム・バートンの」って小さく付くんだね。なんで?
と思ったら、ティム・バートンが偶然出会ったロシア民謡から、「死体の花嫁」ってアイデアを得たからのようです。
そのように記者会見で話してます。
http://www.walkerplus.com/movie/report/report4100.html

タイトルの「コープスブライド」は「死体の花嫁」って感じの意味。
かなり関係ない話ですが、「キルビル」の主人公の名前って知ってますか?
エンドロールを見ると、「The Bride」となっています。つまり「花嫁」って役名です。
「ティム・バートンのコープスブライド」でも、「Emily」じゃなくって「Corpse Bride」ってなっています。「花嫁」って感じの役名って案外よく使われるのだな、って思って。

さて、映画の内容を見ていくと、この映画はストップモーション・アニメーションという技法で作られているそうです。
要はコマ撮りってやつで、人形を少しずつ動かして撮る方法。
確かに、人形っぽい動きなんだけど、最初は、CGをわざと人形っぽい動きにしているのかと思ったよ。
そしたら、本当に人形で撮っているとはすごい...。恐れ入りました。
(多分、CGの方が全然楽でしょう。)
それにしても思うのは、人形で撮っている映画で、このレベルの緻密な動きのものは初めて見た。
これははっきり言って、今までのものとは断然レベルが違う力の入れ方です。
同じティム・バートンの、「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」は観てないのですが、同じレベルであればぜひとも観たいです。

あと、面白いのは、地上の世界と死者の世界の描き分け方。
地上の世界はモノトーンの暗い色合いの世界、死者の世界はカラフルで活気にあふれた世界として描かれています。
この辺の皮肉たっぷりっぽさはおもしろいところ。

最後はちょっともの悲しいような終わり方かな。
でも、花嫁の気高さは心を打つものがある。
人間(死体になっても)やっぱり誇りを持って生きなきゃね。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ゲド ~戦いのはじまり~
9/10、ゲド ~戦いのはじまり~を観た。

【ゲド ~戦いのはじまり~】
上映時間: 172分
製作: 2004年 アメリカ
URL:
DVD: ゲド ~戦いのはじまり~ (Amazon.com)

TSUTAYAでDVDを借りて観た。

アメリカで放映されたTVミニドラマをDVD化したものと聞いたが、オープニングのところだけでも結構映像がきれいなので、期待した。

しかし、観はじめていきなりびっくり。
幼馴染の女の子が、主人公を「ゲド」と呼ばなかったか?あれ、聞き間違いかな?
と思ってしばらく観ていると、みんなが「ゲド」と呼んでいる。???
さらにダメ押しでオジオンが「お前の真の名は『ハイタカ』だ」と言う。
逆じゃ~。orz
じゃあ、このドラマ版は、真の名と通り名が逆になっているのか。と思っていて観ていると、カラスノエンドウはカラスノエンドウで、真の名はエスタリオル。そこは同じかい。
どうも、ゲドだけ真の名と通り名が逆になっているらしい。

話の内容が1巻と2巻をまぜこぜにしたようにしたものになっていたり、原作を読んだ人には、いろいろと変に感じるところも多いだろうと思う。
なにしろ、この作品のことは、原作者であるアーシュラ・K・ル=グウィンは認めていないらしいのだ。
詳しくは以下のURLで、ジブリ版のゲド戦記についてのコメントが書かれているけど、TVドラマ版についても同じ話の中で述べられている。
ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文(仮)

確かに、1巻の内容とかをそのまま映画にしようとしたら、地味な映画になり過ぎて映画にならないのかもしれないけど、もう少し原作を大切にした作品にしてもらいたいなー。
少なくとも、原作があるっていうことは原作を読んだ人がいるわけで、そうしたら、原作との比較は必ずされるはず。
そうした点は無視してはいけないと思う。
特に、ル=グウィンが強調していた点は、肌の色の問題。オジオン以外は白人が演じている。原作者の意図を汲もう、という気持ちはあまり感じられない。

僕は原作の物語を期待していたので、多少失望はした。
が、まあ、ロードオブザリングとかハリーポッターとかのファンタジーを期待している人は観てみても、よいのではないだろうか。全般的にはロードオブザリングやナルニア国物語のようなSFXやCGを多用した美しい画に仕上がっているし。

ゲド役の俳優を含め、オジオン以外の役者ははじめて見たが、テナー役のクリスティン・クルックが清楚な感じでよかった。

ゲド、という名前を忘れて観てみれば、普通のファンタジー映画ではある。すごく面白かったわけではないが、つまらなかったわけでもない。
人間性を掘り下げたような深みはないので、さほど、人にはすすめたいと思わないが、まあ暇があれば観てみてもよいのではないだろうか。ただし、原作とはかなり別物であり、それと同一視しないように見ていただきたいと思う。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

天国の本屋~恋火
8/27(日)、天国の本屋~恋火を観た。
先週忙しかったので、やっと更新。

【天国の本屋~恋火】

上映時間: 111分
製作: 2004年 日本
URL: http://movie.www.infoseek.co.jp/feature/tengokunohonya/index.html
DVD: 天国の本屋 ~恋火 (Amazon.com)

原作を読んで前から観たかった「天国の本屋~恋火」を観た。

原作は、「天国の本屋」とその続編として2作目「うつしいろのゆめ」、3作目「恋火」
が出ているが、僕は1作目の「天国の本屋」の方だけ読んだ。
映画は、3作目のエピソードをメインにしてあるらしく、ただ、本屋の店員のユイは、
1作目のエピソードそのままで、3作目メイン+1作目少々といった感じになっている
ようだ。(3作目をまだ読んでないのでわからないけど)

舞台となる本屋のイメージは1作目を読んだ感じでは普通の町の本屋みたいなイメージ
だったのだけど、想像とちょっとちがったのでどうかなと思った。

あと、観た感じは中途半端なイメージ。
1作目と3作目を無理矢理一緒の映画の中に入れなくてもよかったのでは。
しかも、あの終わりのまとめ方は何なのか。
原作どおりなのかもしれないけど、天国と現世で微妙に離れていたストーリーが最後に
ばっちり重なる、って感じをイメージしていたのに、最後だけ無理やりくっつけて
しまった感じ。
しかも、主人公は最初にあった問題が何も解決されないままで終わってしまうし、
散漫でご都合主義的なストーリー展開はどうにかしてほしいな。
脚本がなってないと見た。

ただ、竹内結子の魅力はよく出ていてよかったな。
現世の香夏子のパートは彼女本人の演技もよかったし、物語の部分なども全般によかった。
あのパートをうまく生かすような映画構成の方がよかったです。

全般には内容的にちょっと残念なところが目につきましたけど、花火がきれいだったり、
花火を打ち上げるために奔走する香夏子のパートがよかったりしたので、デート映画と
してはよかったんじゃないかな。

夏も終わりに観たので、観終わった後に、好きな人と観たかったなー、と思っちゃいました。
はぁ。

[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ナイト・ウォッチ
映画館では観ていなかったのだが、かなりの期待作だったので、DVDの発売当日に買った。
しかし、ずっと放置状態で、やっと8月13日に観ることができた。

【ナイト・ウォッチ】

上映時間: 115分
製作: 2005年 ロシア
URL: http://www.foxjapan.com/movies/nightwatch/ (音あり)
DVD: ナイト・ウォッチ NOCHNOI DOZOR 特別編 (Amazon.com)

世界はかつて、人間でありながら特殊な能力を持つ“異種”たちが、光と闇に分かれ戦っていた。
やがて、光と闇は停戦協定を結び、闇を監視する光の戦士「ナイト・ウォッチ」と光を監視する闇の戦士「デイ・ウォッチ」がそれぞれ監視しあい、世界は均衡のうちに保たれていた。
そして時は移り、現代のモスクワでナイト・ウォッチとなったアントンは、一人の少年をめぐって、大いなる戦いにまきこまれていく...、という話。

TVでCMやら宣伝番組やらでいろいろ放送された「ナイト・ウォッチ」。非常に期待していた。
はっきり言おう。
期待が大きかっただけに、かなりがっかりした。
映像表現そのものは、おっ、と思わせるものがあっただけに残念。
正直、この1作だけをはじめて観ると、どこがおもしろいのかわからないだろう。
(僕はその一人)

この映画の難点は、

1.まず、話がよくわからない。
2.さらに、せっかくの映像表現に必然性がない。
3.さらにさらに、爽快感が一切ない。

簡単に言うと、ほぼ完全な期待外れということだ。
あまりに期待をすかされたので、それぞれの難点について、ネチネチといちいち説明しよう。


■1.話がよくわからない。

おそらく、この映画は原作を読んだ人を対象として製作されているのだろう。

ストーリーの筋そのものは、単純なので、見終わると、ああそういうことか、と
わかるが、「斬新な映像表現」のせいで、話の流れがぶつぎれになり、
ストーリーの一部なのか、演出なのかがわからないところが多いのだ。

フラッシュバック的に、いろいろな場面が挿入されるので、何が何やら。
わからなくさせるために演出を入れているのではないかと疑ってしまった。
あまりに話しがよくわからない上、話も面白くないので、途中で2、3回意識が飛んだ。

そのくせ、わかってしまうと、3行くらいに要約できてしまう程度のストーリーである。
これで演出がしっかりしていればまだ評価できるが、それもダメである。

意味不明であることを得意げにふりかざす映画が世には多いが、そういう映画は概して
内容がないので、それをごまかすために意味不明にしているに過ぎない。
この映画も、映像表現で同じようなことをやっているので、残念である。

あと、ネタばれになるので、多くは言わないが、あの呪いがかかった人の場面、全然意味
ないじゃんか。あれだけ大騒ぎしてあれでおしまい?
ほかの意味のない演出に時間を使わないで、意味のあるストーリーの描写に時間を使え、
と言いたい。


■2.せっかくの映像表現に必然性がない。

例えば、冒頭で、アントンが倒れた後に、人形に蜘蛛の足が生えて動き回るところが
あるが、そこで、悪夢的な世界に引き込まれたんだな~、とか思いながら観てると、
すぐに現実的な映像に引き戻され、さっきの映像はまるでなかったことに。

僕が特に楽しみにしていた場面で、予告でもよく流れていた映像があるが、黄色いトラック
が人に向かっていって、なんらかの力で、トラックが前転する、という場面がある。
これは、人の方が何か強い力を持っているか、守られている存在なのかな? などと思い、
どんなストーリーの中で出てくるのだろう、と期待していたのだが...。
この場面は、はっきり言ってストーリーに一切関係ない。あの人物がその場にいる必然性もない。
まったく、期待はずれもいいところだ。

ちなみに、「斬新」と言われる映像表現も、予告で流れた映像がほぼすべて、と思っていい。


■3.爽快感が一切ない。

触れ込みは「ロシア版マトリックス」である。信じてはいけない。
物語の背景は、「ブレイド」とか「アンダーワールド」とかに近いダークファンタジーで
闇と光の戦いが中心なのだが、これらの作品に共通の、戦いのカタルシスが一切ない。
アクション映画的なものを期待したのだが、ほぼアクションはなし。
おまけに主人公の戦闘能力が非常に低く、敵にほぼ一方的に虐待されるのみである。
なぜこんな奴でナイト・ウォッチが務まるのか?
ストーリー的にもストレスがたまる。
爽快感を求めているなら観ない方がいい。


買ってしまったことを後悔するほどに残念な作品なのだが、悪い点ばかりでもない。

・映像表現的には驚く場面もある。特に、英語字幕が流れるように消えたり、映像に
 くっついて動いたり、の演出は面白いと思った。(演出上の必然性は少ないが...。)

・第2部につながる伏線らしきものが見え隠れする。
 ゲッサーがなぜアントンを特別扱いするのかとか、呪いの女のこととか。

・主人公の葛藤の部分はちゃんと描かれている。
 アントンは、不必要に争いあうことはないという信念の持ち主であり、それがゆえに葛藤
 する。また、少年との関係の中にも葛藤があり、この部分はストーリーに生きている。


僕が勝手に想像するに、ストーリーの素材そのものは悪くないので、「マトリックス的な
センセーショナルな映像を作ってみました」という映画にせずに、主人公の葛藤に焦点を
当てて丁寧に作れば、もう少し観れる映画になったような気がする。

第2部で、監督と脚本の人が変わったら、見てみてもよいかな、と思った。

総合的にはあまりおすすめできないので、暇があって、レンタルビデオ屋さんで借りられて、
ストーリーはどうでもいいから新しい映像表現を見たいという人は観てもよいかも。

[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。