プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナイロビの蜂
昨日、映画を見たので、一時的にリアルタイムに戻ります。

上映時間: 128分
製作: 2005年 イギリス
URL: http://www.nairobi.jp/
DVD:

話題のナイロビの蜂を見た。
ジョン・ル・カレの同名小説を映画化したもの。原作は読んでない。
僕は最初、「資本主義の恣意に翻弄されるアフリカの現実」を描き出そうとした映画なのかな、と思ったが、実際は陰謀サスペンス&ラブロマンス? しかも、別な場所に置き換えても同じストーリーが作れそうな感じ。特にケニアである必然性を感じない。
テッサも行動的ではあるけど、自滅的な感じで感情移入できなかった。
夫への愛からテッサがジャスティンに本当のことを隠していたのも、僕にはそれが素晴らしいとは思われない。
なんだか全般的に感情移入できなくて困りました。

それにしても、本当のところの世界情勢というのはどんな風になっているのでしょうか。やはり、先進国は発展途上国から搾取しているのでしょうか。
別に、映画で描かれていることが本当じゃないですが。そういう、明らかな陰謀みたいなものの方が却ってわかりやすくていいかもしれない。
別に僕が偉そうなことを言えるほど世界情勢に通じているわけでもないですが、現在の世界は、そんな竹を割ったようなすっぱりときれいな社会構造にはなっていないと思います。もっと構造と構造が絡み合ったような世界であるがゆえに、搾取であるとも、そうでないともなんとなくさっぱりしない関係が、先進国と発展途上国の間にはあるんだと思います。

にしても、映画の最後もなんだかさっぱりしない終わり方で嫌でした。
そのもやっと感が、現実を見ろ!ってことなのかもしれませんが。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:ナイロビの蜂 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。