プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モーターサイクル・ダイアリーズ
上映時間: 127分
製作: 2004年 イギリス・アメリカ
URL: http://www.herald.co.jp/official/m_cycle_diaries/
DVD: モーターサイクル・ダイアリーズ コレクターズ・エディション (Amazon.com)

■2005/04/18の日記(月)
映画『モーターサイクルダイアリー』(恵比寿ガーデンシネマ)を見た。
ゲバラの若き日を描いた映画だが、原作はゲバラ自身の『モーターサイクル日記』。
伝記ものっぽい失敗に陥っていないのは良かったが、この短い内容で、ゲバラが自分のなすべきことに目覚めた、というのは言い過ぎでは?
原作もそうなっているのだろうか。(途中までしか読んでないのでわからない)
映画そのものの作りはよい。ロードムービーとしてよくできている。

この映画は伝記物といっていいのかは少し微妙?とはいえ、悪くないと思う。
僕は伝記物の失敗作は『シャイン』とか『ビューティフルマインド』とかだと思う。両方とも、感動作だとかどうとか書いてあったけど、それ以前に映画として体をなしてなかった。この映画は、青年時代だけを描いているけど、それはそれで完結してたからよい。

ゲバラ役はやたらイケメンの青年(ガエル・ガルシア・ベルナル)です。天国の口、終りの楽園に出てた時の方がよかったか。今回はまじめ一徹ってな感じ。
アルベルト役は味があってよかった。

[READ MORE...]
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ウィトゲンシュタイン
上映時間: 75分
製作: 1993年 イギリス・日本
URL:
DVD: ヴィトゲンシュタイン (Amazon.com)

■2003/10/02の日記(木)
映画『ウィトゲンシュタイン』を見た。
ウィトゲンシュタインは論理哲学論考を書いて、20世紀で最も重要な哲学者と言われるようになったが、その彼の生涯を描いた映画である。
監督であるデレク・ジャーマンの作風なのか、舞台の中で展開されるような劇となっている。
最初は何か違和感を感じざるをえなかったが、途中辺から、この形式でいいのだ、と思えるような展開と成っていた。
無理にリアルな背景の中で撮影しても、彼の人間性に迫る映画とはならなかっただろう。

それはさておき、ウィトゲンシュタインの哲学とはどのようなものであったのか。
ウィトゲンシュタインは、ラッセルのもとで哲学の考察を進めるうちに、哲学を記述するための言語の不完全性に気づいた。
初期のウィトゲンシュタインは、哲学は言語の不完全性からくる論理の相違により生れるもので、世界に住む全ての人が意識を共用可能な言語があれば、哲学の問題は全て解消すると考えていた。
後にこの考えを改めるも、言語の不完全性に関する認識は、鋭さを増し、言語が文化や社会情況に左右される側面を持つ以上、自然言語は哲学を論理的に記述するには充分でないと考えた。
[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。