プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の終わりに「サマーウォーズ」
久しぶりの投稿です。。。
8/31、「サマーウォーズ」を観た(吉祥寺バウスシアター)。

【サマーウォーズ】
上映時間: 114分
製作: 2009年 日本
URL: http://s-wars.jp/index.html
DVD: (Amazon.com)

数学オリンピックの日本代表に惜しくも落選した主人公ケンジは、先輩のナツキにバイトに誘われ、長野県は上田にあるナツキの実家を訪れる。
90歳になるナツキのおばあちゃんの誕生会があるのだ。
陣内(じんのうち)家の親戚たち大勢が続々と集まる中、ケンジはナツキの彼氏として紹介され、そのままナツキに押し切られてしまう。最近元気をなくしていたおばあちゃんを元気づけるためのお芝居だったのだ。
その夜、ゲンジは届いた暗号の問題のメールを気持ちの整理もつかないまま解いてしまう。
次の日、世界は混乱に陥りはじめていた。OZ(オズ)というネットの仮想空間のセキュリティが、軍事用に開発されていたAI(人口知能)に破られ、オズに依存していた全世界のインフラは混乱をきたしていたのだ。
自分が解いた暗号のせいだと勘違いしたケンジは、陣内家の人たちと世界の破滅の危機に立ち向かっていく...、という感じの話。

サンクスデーとかで、1,000円で観ることができた。
ポスターの真ん中に写った女の子がちょっとかわいいので、だまされて観にいきましたよ。でも、主人公はこの女の子じゃないんだね。(中心的人物ではあるけど)

最初にいきなりオズについての説明から入るところはなんか、理系的発想というか、システマチックな映画のつくりというのかな、もうちょっとスマートな導入がよかったんだけど。
でも、この最初のオズの説明のところで、仮想世界の表す絵作りがすばらしいので、これで最初に引き込まれるかな。

そして、実際の世界の描写に戻ってきて話がはじまるんだけど、これがまた、実際の世界の方の絵的な描写もすぐれている。
絵柄は日本的なアニメの絵柄なのに、色使いや陰影の使い方が超リアル!
強い日差しが当たっている縁側の外から見てる視点の時に、影になっている室内から縁側付近まで出てくる人物の陰影描写がスゴイ!!
都会でない、田園風景を伴った日本家屋を舞台にした、夏の強い日差しを表現したこの描写、こういう表現は今まで日本のアニメにはなかったのではないだろうか。
最近のアニメは光沢を伴った映像表現が多用されるようになったけど、こういう絵画的にリアルで、西洋風ではない、日本風の映像表現は見たことがない。すばらしいチャレンジだと思う。
この映画を観る時は、この映像表現の鑑賞がひとつのポイントになると思う。

で、次に、ストーリー的な面で見ていきたいが、最初は、世界滅亡の危機と戦う、と聞いて、また、「これは戦争だ」みたいなキャッチフレーズとか聞いて、ちょっと血がざわついたが、ややすかされた感がある。

ジュブナイル的作品で「サマーウォーズ」というタイトルを聞いたら、「僕らの七日間戦争」をすぐに思い浮かべた(宮沢りえが可愛かった)が、それよりはスケールは大きく、スターウォーズよりは小さい感じ。(どんな感じだ)

地球の危機といったら、もっと燃えてもよさげなのに、あんまりストーリー的にもヒートアップしない。
やっぱりもっと具体的でわかりやすい危機じゃないとダメだ。
作中の人物たちもそう思ったのか、危機感が希薄な人たちが大勢。

侘助というアメリカに行って放浪していてふらっと帰ってきた陣内家の人(小さい頃のナツキの憧れの人でもあった)がこのAIの開発者だったんだけど、身内が起こした不始末は身内で片付ける的な発言がおばあちゃんからあったものだから、余計に、地球の危機、とかいう感覚がなくなる。

このAIを打倒するのが最終的な目的なわけだけど、このAI自身も、スターウォーズでいうダースベーダーみたいに悪の意志を持っているわけでなく、AIの知的好奇心に従った、いわば本能みたいな行動で邪気が感じられないのも、燃えられない理由。

以上のように、本当に地球の危機と戦っているのか曖昧な感じがストーリーラインを見通しにくくしていて、これがこの作品の欠点とも言える。

「最後の武器は家族の絆だった」みたいなキャッチコピーがあったけど、もうちょっとストーリーでそれを明確に表現してほしかったな。

とはいえ、○○○(あえて伏字とします)が最後にAIと対峙して戦う時、ピンチに陥った○○○に助けが入るとこはなかなか感動的だったよ。(でもそれって「家族の絆」かな?)

「家族の絆」を武器として仮想世界の敵と戦う、といういろいろな妄想をしていただけに、ストーリー面は結構がっかりしたかも。
でも全体的に見たら肩肘はらないつくりで、よい映画に仕上がっていたと思います。
何度も観返したい、という映画ではないと思うけど。。。

P.S. 映画を観ていて思い出したんだけど、セカンドライフってどうなったの?(無関心)

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

リンダリンダリンダ
【リンダリンダリンダ】
上映時間: 114分
製作: 2005年 日本
URL: http://www.linda3.com/
DVD: リンダリンダリンダ (Amazon.com)

7/8 WOWOW放映を録画していたものを観た。
まず、印象。
部室に貼ってある The Music とか Led Zeppelin とかが普通に高校生時代の音楽好きっぽい感じ。
いろんな音楽が出てくるけど、特に映画的に特定のアーティストへのオマージュって
わけじゃなく、音楽好きな人たちの周りにある普通の環境をあらわしているって感じなのかな。

登場人物としては...。
香椎由宇はほんとすごく美人だね。
ソン役の子(ペ・ドゥナ)「嫌いじゃないけど、好きじゃない」
あんた、おもしろいよ。

抜けた女の子と3人が話してるときの微妙な沈黙がリアルだな。
もっと明るい感じの青春映画かと思ったら結構リアルな脚本・演出で、
わざとらしいセリフまわしがなくてすごくいい。
よくテレビの題材になる感じじゃなく、リアルっぽい女子高生の生活。

ジュンスカ(JUN SKY WALKERS)、BOOWYとかのテープを見て、キャッキャッ言ってる
彼女たちって、十数歳だから、ブルーハーツがリンダリンダを歌ってたころには、
まだ生まれたばっかりってこと?
よくよく考えるとすごいジェネレーションギャップ。

ってか、僕からすると生まれた時に流行ってた歌ってのは、どっちかっていうと
懐メロに分類されそうなので、彼女たちにとってはブルーハーツも懐メロなのかな?

ラモーンズとピエール瀧がなぜか出演...。
(ラモーンズはあまり聞かないので、本人達なのか分からない)

ほかにもベースの子とか、指をけがして、最後に歌ってた子とか、すばらしい日々を
歌ってた女性ミュージシャンとか、本物のミュージシャンがやってるから音楽的にも
ひきつけるものがあるんだな。

監督は「リアリズムの宿」の人かー。

この映画はテーマ性はそんなにない。
香椎由宇扮する恵がいう通り、「意味なんてない」。
青春なんて、それでいいのだ。ただ思い切り、自分のしたいことをすれば。

すごくよかった。
日本映画って最近まであまり見なかったけど、だんだんよくなってきてるみたいだね。


[READ MORE...]

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

逆境ナイン
7/8 WOWOWで放送してた「逆境ナイン」を録画で観た。
今日はバカになりたい気分だ。。。

【逆境ナイン】
上映時間: 115分
製作: 2005年 日本
URL: http://www.gk9.jp/
DVD: 逆境ナイン かけがえのない通常版 (Amazon.com)

玉山鉄二主演の映画。
島本和彦のマンガをもろに映画化したような映画になっている。
(原作は読んでないが、島本和彦のマンガ、といえば大体どんなマンガか想像つく)
映像はおもしろい感じ。
しかし、内容はない...。
っま、掘北真希の制服姿がありえないくらいかわいいので許す。
どのくらいかというと、「時をかける少女」の時の原田友世くらい。(わかんない?)

うーむ、キャストが絶妙だぜ。玉山鉄二といい、藤岡弘、といい。
さらに、ココリコ田中が監督役だが、時々発する先人達の知恵(?)がおもしろすぎるぞ。
『知らぬが仏』 『それはそれ、これはこれ』 『恋に恋して恋気分』 など....。

ばかばかしさがおもしろいのが、カンフーハッスルとかに通じるものがあると思った。
あと、なんでエンディングテーマが岡村孝子の「夢をあきらめないで」なのか?
なぜ今なの?

まあ、仮に映画館に見に行ってたら、観終わってから、おいおい、って感じだった
と思うが、テレビの録画だったのでまあよし。
内容はないが、ばかばかしさがおもしろかったので、「これはこれ」でOK!

DVDを借りようと思う人はそのくらいの気持ちでどうぞ。


【ほかにも熱い男たち】

欧風
http://carlife.carview.co.jp/User.asp?UserDiaryID=362557

映画バカ一代
http://blogs.yahoo.co.jp/magunamriki/6469489.html

ぺぺのつぶやき
http://blog.drecom.jp/pepe_hello/archive/235


↓漫画版へのオマージュ
逆境ナイン
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/7339/nine.html


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

リトル・ランナー
さっきまでサッカーのワールドカップ決勝を見てました。
イタリアが勝ちましたよ。でもなんだか爽やかな終わり方じゃなかったなぁ。ジダンのこととか。
それはさておき映画の完走。いや感想。

【リトル・ランナー】
上映時間: 98分
製作: 2004年 カナダ
URL: http://c.gyao.jp/movie/little-runner/index.html
DVD: (Amazon.com)

2006/06/25
映画『リトルランナー』を見た(ギンレイシネマ)。
原題は「Saint Ralph」(聖ラルフ)。

1953年のカナダの神学校。
14歳の少年ラルフは神学校で問題を起してばかり。そんな時、病気で寝たきりだった母が、昏睡状態に。
奇跡でも起こらないと目覚めることはないと言われたラルフは、奇跡を起こすために、ボストンマラソンで優勝しようと決意する。

話しの舞台が50年代の神学校で、やたらとカソリックの話ばかり出てくるので、そういうのを好まない人はダメだろうし、宗教的にNGな人もいるのかもしれない。(こういう系の話しは仕方ないところがあるが)。

ラルフが丘を走るところで流れた曲がembraceかと一瞬思ったが、わざわざパンフまで買って後で調べたのにちがった。

感動作、ということで紹介されることが多い作品だが、ストーリー的に納得できない箇所が多く、そういう面では僕にとっては素直に感動できない部分が多かった。
いろいろなところが気になる映画。

僕としては、無理にキリスト教とのつながりを描こうとしないで、病気の母を救うために奇跡を起こす、というストーリーに集中した方が、もうちょっとよかったと思うのだが。

とはいえ、走るシーンについては、監督がデトロイトマラソンでの優勝経験があってそれを生かしていて、トレーニングやら何やらは、きっちり描き込まれているのでよし。
最後の坂付近で失速しそうになった時に、神様の声に押されて、再び力強く走りはじめるあたりは、とてもいい。

本当に無心に走るということは人の心に訴えるものがあると思いましたよ。
いや、また走りたくなったよ。
夜も明けたし、走ってこようかな!


★ 以下、多少ネタバレ ★


ラルフは家が燃えた後、どうやって旅費を捻出したのか?
目が覚めない母親を目覚めさせるのに奇跡が必要だとラルフが信じるあたりの納得感が低い。
などなど、気になる場所多い。
無理やり、聖××の祝日、とかゆうのにストーリーをこじつけようとした結果か?

一番の納得できなかったのは、優勝できなかった後、全てのモチベーションになっていた母を目覚めさせるというのが叶わなかったのに、ほめられて笑ったり、何の問題もなかったかのように練習を始めたりして、ラルフの心情が何かおかしなことになっている。ここで、母の存在が宙ぶらりんになってしまっている。
その上、何の必然性もなく、母が目覚めてしまい、『奇跡』というのも、『なぜ?』というしかない。

もとは手段だったマラソンが、目的化したのが奇跡だから、ということだろうか。でもなんか納得できない。



【同じ映画の記事へのリンク】

クライマーズ・ハイ
http://runninng-moai.cocolog-nifty.com/mt/2006/03/post_096d.html
走って映画館まで行って汗だくって...。笑えます。

金言豆のブログ ・・・映画、本について
http://hary24.blog4.fc2.com/blog-entry-694.html
僕とは逆で、爽やかな気分にさせられたので、つっこみどころはたくさんあっても、気にならなかった、と書かれています。

mimiaエーガ日記
http://mimia.no-blog.jp/mimia/2006/05/post_ef8f.html
「お涙ちょうだいかと思いきや」と冷静に書き、登場人物たちに暖かい目を注いでいます。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

フライ、ダディ、フライ
上映時間: 121分
製作: 2005年 日本
URL: http://www.f-d-f.jp/site.html
DVD: フライ,ダディ,フライ (Amazon.com)

■2005/11/24の日記(木)
映画『フライ,ダディ,フライ』を見た(ギンレイシネマ)。

堤真一演じる「おっさん」が、岡田准一演じる高校生に、闘うために鍛えてもらう、っていう映画。

堤真一の娘を傷つけた相手を演じてるのが、なぜか須藤元気。最初に登場した時の、エヘラエヘラした感じの演技がうまくて、実は俳優に向いてるのでは?と思えた。

内容的には、ひまつぶしにはいい、くらいの映画。

-----

ついに、過去の日記のストックがなくなりました。
これからは最近観た映画などを書いていくつもりですが、
ゆっくり更新としていきたいと思います。

何かネタをみつけなきゃ....。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。