プロフィール

栄太(えいだ)

Author:栄太(えいだ)
映画がそこそこ好き
新しい映画はあんまり見ない
好きな映画:燃えよドラゴン、Uボート、ブレードランナー
好きなジャンル:人間ドラマ系

最近の記事

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ほか

■カウンタ

■FC2ブログランキング

■Amazon検索

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

栄太(えいだ)の映画日記
以前書き溜めていた日記のうち映画に関することをweb公開。 映画の所感や、見て思いついたことなど、あなたの映画選びの参考にどうぞ。 もとが個人の日記なのでネタバレありですがご容赦あれ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界遺産「メテオラ」
最近、あんまり映画を観られないので、ブログ名も名ばかりになってきましたね...。

11/27、録画してあったTBS「世界遺産」を観た。

【TBS「世界遺産」 第521回 メテオラ】
TBS・2006年11月19日放送
メテオラ(ギリシャ)
天空の修道院メテオラ!奇岩の頂での祈り
URL: http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20061119/onair.html

メテオラ1

断崖絶壁と呼ぶにふさわしい岩山の上に建った修道院群。そんな印象深い光景を観ることができるメテオラ。

メテオラ2


メテオラとはギリシャ語で、「宙に浮くもの」という意味だそうな。

かつての修行僧たちは、険しい山に住み、世俗から離れることで修行をしたのだという。
昔は切り立った崖を登るには、自力でよじのぼるしかなかったそうで、ほとんどロッククライミングみたいなことをしていたのだろうか。
今ではロープウェイなどがあって登れると言うけれど、この写真みたいなのに乗るのは、どう考えてもいやだ。
メテオラ3


メテオラの修道院は、15世紀から16世紀にかけて、ギリシャ正教会の聖地として信仰を集めたという。
その当時の、フレスコ画、イコン(聖画像)、三つの十字架などが今でも残っている。
メテオラ4


なぜ山に登って修行するのだろうか? 番組の中でも言っているが、新約聖書、旧約聖書ともに、山に登って啓示を受ける、という場面は何回か出てくる。
山に登ることで、天に近づくことで、より神に近づこうとしたということだろうか。
高い山に登ってハイになることで啓示を受けたのかもしれない...。

そうでないにしろ、夕日などに映える山々はとても美しい。
そうした美しい山々の間で、世俗のことなどを忘れることができると、人間は本当の信仰というものを思い出すのかもしれないな。

スポンサーサイト
世界遺産「モスタル旧市街の古橋地区」
(10/27 「民族問題に対する私見」を追記)
(10/21 「ユーゴスラビアの歴史についての要約」を追記)

10/8、TBSで放送の「世界遺産」を観た。

【TBS「世界遺産」 第515回 モスタル旧市街の古橋地区】
TBS・2006年10月8日放送
モスタル旧市街の古橋地区(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
戦火からよみがえった悲劇の橋…ボスニア
URL: http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20061008/slide.html

モスタル1


この回の放送は、非常に印象深い内容でした。

「旧ユーゴスラビア。6つの民族、4つの言語、3つの宗教を持っていた国は、1990年代はじめ、いくつもの内戦を経て解体しました。
激戦の地モスタルは、かつて、美しい橋で知られる平和な街でした。
しかし、ボスニア内戦のさなか、その橋は無残にも壊されたのです。」(番組ナレーションから)


非常に複雑な歴史的経緯を持ち、紛争が繰り返された旧ユーゴスラビア地域。
(歴史的経緯については、Read More以降の「旧ユーゴスラビアについて」を参照してください)
その地域の中心に位置する現在のボスニア・ヘルツェゴビナ。
そのボスニア・ヘルツェゴビナで、民族融和の象徴である橋が2005年に世界遺産として登録されたのです。

僕がボスニア紛争について特によく知るようになったのは、映画「ノーマンズ・ランド」を観てからです。
それ以前はなんだか、恐ろしいことが行われているな、という程度の認識でしかなかったですが、それ以降、この地域の政治的推移について、とても気になるようになりました。

ボスニア内戦で深い傷を負ったこの国では誰もが戦争経験者であり、その誰もが「自分の家族を殺した人を知っている」という。
あまりにも身近で殺し合いが行われたのだ。

その紛争の中でイスラムとカトリックの地域をつないでいた橋が破壊されます。
モスタル3


カトリック教徒とイスラム教徒
モスタル4

モスタル5


戦争で傷を負ったケマルさんが次のように話します。
「あの戦争は、政治が市民を憎しみあうように仕向けたのだ。」

復興された後の橋
モスタル6

橋からダイビングする人
モスタル7


そして、番組の終盤近くの次の言葉が特に印象に残りました。

「2005年、よみがえった橋と旧市街は、世界遺産に登録されました。
なぜ平和は、時にいともたやすく失われてしまうのか、僕たちにそう、問い続けるために。」

番組の最後はそのように明るい未来を感じさせる印象で終わっています。
しかし、あまりにも「めでたしめでたし」という終わり方になっていて、何か影の部分を見ないようにしているようで心配されます。
今後にずっとそのような希望が持てるのか、それはわかりません。
影となっている部分に目をつむらないようにしなければならないでしょう。

【関連記事へのリンク】

クロアチア、ボスニア・ヘルツェゴビナを考える会
http://blog.cro-bih.org/?day=20061008


Read More以降には、「ユーゴスラビアの歴史についての要約」を書きました。

[READ MORE...]
世界遺産「空からの映像と音楽でたとる41の世界遺産」
【ベスト・オブ・「世界遺産」Ⅴ 空から見る地球の素顔】
TBS・2006年4月30日放送
ベスト・オブ・「世界遺産」Ⅴ
空から見る地球の素顔

空からの映像と音楽でたとる41の世界遺産
Collection of 41 world heritage sites from bird's eye and music

ゆったりとした、時には軽快な音楽とともに、ナレーション一切なしで、空撮された
41の世界遺産をいちどきに見ることができました。
しかし、ひとつひとつが短すぎでしたが....。

■以下、番組のこの回で紹介された世界遺産を、順に上げます。

ユングフラウ(スイス)
厳島神社(日本)
キト市街(エクアドル)
センメリング鉄道(オーストリア)
モシ・オア・トゥニャ/ヴィクトリアの滝(ザンビア/ジンバブエ)
セレンゲティ国立公園(タンザニア)
キリマンジャロ国立公園(タンザニア)
ウルル-カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア)
テ・ワヒポウナム(ニュージーランド)
グレート・バリア・リーフ(オーストラリア)
グランド・キャニオン国立公園(アメリカ)
イエローストーン(アメリカ)
カナディアン・ロッキー・マウンテン自然公園群(カナダ)
カナイマ国立公園(ベネズエラ)
イグアス国立公園(ブラジル/アルゼンチン
ロス・グラシアレス(アルゼンチン)
サガルマータ国立公園(ネパール)
カムチャッカ火山群(ロシア)
知床(日本)
ナスカおよびフマキ平原の地上絵(ペルー)
ストーンヘンジ(イギリス)
アテネのアクロポリス(ギリシア)
トロイの古代遺跡(トルコ)
ベルセポリス(イラン)
パルミラの遺跡(シリア)
古代都市テオティワカン(メキシコ)
ポロブドゥール寺院遺跡群(インドネシア)
アンコール(カンボジア)
コルディレラの棚田群(フィリピン)
サーミ人地域(スウェーデン)
マラムレシュの木造教会(ルーマニア)
パリのセーヌ河岸(フランス)
自由の女神(アメリカ)
ブラジリア(ブラジル)
ヴェネツィアとその潟(イタリア)
トンブクトゥ(マリ)
カトマンズ盆地(ネパール)
イスタンブール歴史地区(トルコ)
タージ・マハル(インド)
ロワール渓谷(フランス)
ライン渓谷(ドイツ)
モン・サン・ミシェルとその湾(フランス)


どれも素晴らしい映像なのですが、特に印象に残った映像について感想を書きたいと思います。
TBSの世界遺産のサイトの、それぞれが放送された回のページへのリンクもおまけとしてつけています。

○厳島神社(日本) 空から見ると海中に突き出た鳥居が印象的。潮の干満で鳥居のところまで歩いて行けたりする。海の中にある時の姿が美しいな。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第234回放送:厳島神社 http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20010107/onair.html

○ウルル-カタ・ジュタ国立公園(オーストラリア) エアーズロックがあるところだね。エアーズロックは現地語で「ウルル」と呼ばれていたんだそうな。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第408回放送:ウルル=カタ・ジュタ国立公園 http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20040725/onair.html

○イエローストーン(アメリカ) 写真はレインボープールを映した映像。なんだか、理科の教科書に出てきそうな映像。こんな場所が本当にあるのだから、地球はおもしろい。個人的には、アメリカ横断ウルトラクイズとかで有名になった、間欠泉を見たい。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第370回:イエローストーン http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20031012/onair.html

○イグアス国立公園(ブラジル/アルゼンチン) 有名なイグアスの滝があるところだね!でもこの間テレビで2年前と比べてイグアスの滝の水量が激減しているって言ってたので、今行くのは微妙かも。いや逆に、今いかないともう見れない?

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第194回:イグアス国立公園II http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20000319/onair.html

○トロイの古代遺跡(トルコ) 赤茶けた大地にトロイの遺跡があるのかー。なんかロマンチック。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第401回:トロイ遺跡 http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20040530/onair.html

○アンコール(カンボジア) 2004年11月に行ってきました。気球で空からアンコール・ワットを見たりできます。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第201回:アンコール II http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20000507/onair.html

○ブラジリア(ブラジル) ブラジルの首都ブラジリア。街並み自体、飛行機が翼を広げた様子を描くようにできている。見ようには鳥みたいにも見える。旅行には行きたい場所ではないけど、こうして夜景を見ると壮観だなぁ。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第231回:ブラジリア http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20001210/onair.html

○ヴェネツィアとその潟(イタリア) 空から見ても素敵だな。すごく行ってみたい。

(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第361回:ヴェネツィアとその潟(II) http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20030727/onair.html

★モン・サン・ミシェルとその湾(フランス) 海(湾)の中にある寺院として有名。朝日が昇る場面をとらえて、ひときわ美しい。番組中でも白眉といえる。


(TBS 世界遺産 2006年4月30日放送から)
第400回:モン・サン・ミシェルとその湾 http://www.tbs.co.jp/heritage/archive/20040523/onair.html

■DVDになるらしい
4月に放送された10周年記念スペシャルⅠ~Ⅴは2006年9月27日にDVDで発売されます。

(TBSのiShop)
http://ishop.tbs.co.jp/ec/tbs/product/detail.jsp?pid=1927189&cid=cat3941

(Amazonはこちら)
ベスト・オブ「世界遺産」 10周年スペシャル


世界遺産「万里の長城」
映画の感想も書いていきたいのですが、毎日、映画の感想を書くほど映画を
観ているわけではないので、ほかに書けそうなネタはないかな~と思って
いたのですが、歴史やら世界の名所やらが好きで、TBSの「世界遺産」(日曜夜)
や「世界ふしぎ発見」をよく観るので、それらについて感想を書くことにします。
2006-07-28_001


【ベスト・オブ・「世界遺産」Ⅰ 空から見る万里の頂上】
TBS・2006年4月2日放送
ベスト・オブ・「世界遺産」Ⅰ 空から見る万里の頂上
2006-07-28_002


TBSテレビの世界遺産 放送10周年を記念したベスト・オブ・世界遺産の第1回。
東の渤海から西のタクラマカン砂漠までを空撮でたどる30分。

世界遺産(中国)万里の長城。
人類が生んだ最大の建造物、万里の長城。

紀元前3世紀、秦の始皇帝が中国を統一、それまで国ごとに築かれていた
守りの壁が北の異民族に備えひとつにつながった。

総延長2,400km、ほとんどは明の時代のもの。
守備のための城壁というよりは、国境としての意味合いが強かったという。

2006-07-28_004

【番組内の各シーン】
老竜頭 ~ 山海関(明代の東の関所) ~ 角山長城 ~ ハン家口ダム
 ~ 司馬台長城 ~ 金山嶺長城 ~ 北京市 ~ 明代皇帝の陵墓
 ~ 八達嶺長城 ~ 居庸関(明代の北の関所) ~ 山西省 ~ 天鎮長城
~ほ保土(長城守備のための駐屯地)~黄土高原~
雲岡石窟(大岡市)~黄河~甘粛省~嘉谷関(明代の西の関所)

東の端は、海岸まで際まで城壁がある。
2006-07-28_005


長城の一部には、ダム開発のために、湖に沈んだところもあるそうです。
2006-07-28_006


北京付近では、万里の長城は観光客でいっぱいです。ものすごい人だ...。行きたくないな。
2006-07-28_008


そして、途中、黄河とぶつかったり、城壁を守るための街があったりして、
最後に長城の西の涯ては、タクラマカン砂漠の断崖で終わっている。
長城の西端にはこんな崖があったんだね。
2006-07-28_012


しかし、漢の時代にはまだ長城には先があって、敦煌の地で、
万里の長城は砂漠
の中に消えていく。

万里の長城って、こんなとてつもないものをよく作ったなぁと感心しきり。
一度は行ってみたいけど、単に行って、長城の一部を見ただけじゃあ、『万里』ってのを実感できない。
と思ってたら、こんなサイトが...。

万里の長城マラソン
http://www.greatwallmarathon.com.cn/

万里の長城をマラソンで走るって....。うぉい!!

来年、2007年まで限定で、万里の長城マラソンが開催されているそうです。
2007年は5月1日に開催みたいですね。
2006年は6月に開催されたようですが、最近知ったためいきそびれました。
正直、行きたくなりましたよ。

どなたか行く人とかいないんですかねぇ?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。